windows

Windows 8 評価版を試す

IMG8388
昨日Windows 8 Consumer Previewなる評価版がリリースされ、PCには相当詳しいKレネンコさんに唆され、まんまと手元のPCにインストールしてみた。

マイクロソフトのウェブサイトよりダウンロードしたISOファイルをDVDに展開してDVD ブートでインストール開始。インストール方法はWindows 7のインストールをしたことのある人ならまず迷わないだろう。

動作に必要なPCのスペックは7の時とほぼ変わらないようで、

CPU:1GH以上32 / 64bitプロセッサ
メモリ:1GB(32bit) / 2GB(64bit)
ハードディスク:16GB(32bit) または20GB(64bit)の空き容量のあるディスク領域
グラフィック:WDDM1.0 以上のドライバーを搭載したDirectX9グラフィックプロセッサ

ということなので、現在7が動いているPCなら問題ないと思われる。インストール時間はPCのスペックにも左右されるだろうが、これまた7と同じくらいに感じた。

ところで、Windows95が発売された時は、私の地元群馬県の小さなパソコンショップでさえ深夜営業をするほどの盛り上がりであったが、新OSのリリース時期などに関しては正直伝わってこなかった。いや、私が単に関心を持っていないだけであろうか。
しかしながらインストール後は、その真新しいインターフェースに「これはいいぞ」「こりゃあ使いにくいなぁ」などとそれなりに楽しんでいる。

IMG_8385
話を新OSに戻そう。
Windows 8で7からの一番大きな違いはこの画面だろう。スタートスクリーンなるこの画面はタッチパネルを備えたタブレット向けの画面のような感じで、95以来ずっと画面左下(デフォルト設定では)の「スタートメニュー」から始めることを常としてきたWindowsにとって非常に大きな変化だ。

IMG_8392
なお、「デスクトップ」をクリックすればクラシックなデスクトップ画面が表示されるのだが、そこにはスタートボタンはない。タスクバー左端をクリックすると、スタートという四角アイコン(?)が表示され、これをクリックすると、前出のスタートスクリーンが表示される仕組みだ。

IMG_8386
しかし、評価版だけあって各メニューまともに機能するものは少なく、ストアからのアプリダウンロードもいくつか試したがダウンロードできなかったりもした。結局、中途半端に好奇心旺盛なだけの私は、サファリより地味にサイト一覧が表示されるようになったInternet Explorer10でウェブサイトを徘徊するくらいに留まる。

ちなみに、私のブログはややボタンなどのパーツが詰まって表示されるようだ。そもそもMacでの表示最適に表示できることを確認しているので、7以前のWindowsでもいまいちなのだ。ただ、せめてフォント表示などを新OSで改善してほしかったのだが、今のところそれは叶わぬ夢のようだ。

IMG_8393
さて、私にとってWindows PCの主な用途はライトなオーディオPC
Windows 8が我が家のDELL Inspiron mini10で動作するのかどうかは未知数だが、製品版が登場したらぜひともインストールしてみたい。
音楽再生用として用途が限られているため、たとえそのレイアウトやデザインが従来通りWindowsでフォントも汚いままだったとしても、タブレットOSライクなインターフェースは、ライトなオーディオPC用に使い勝手がよさそうに思えるのである。


※Windows 8 評価版のダウンロードはこちらから。


にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ

ダウンサイジングで快適パソコンライフ

IMG_4459
引っ越すまでWindows PCは、オーディオPCとして活躍中のDell Inspiron Mini10だけでいいと思っていたのだが、ぼくは航空管制官3(以下ぼく管3)のホノルル空港編の登場をやっぱり黙って見ているわけには行かなかった。

しかし、手元にある比較的パワフルなWindows PCは、その筐体(ケース)の大きさゆえに部屋の片隅で眠っており、現在の部屋のレイアウトではデスク周りに置く事が出来ない。いかがなものか。

そこで、思いきってダウンサイジングをはかる事にした。フォルクスワーゲングループのミドルセダンパサートだって最近は1.4Lなんていうマーチに毛が生えたような排気量でパワフルに走っているのだ、省スペースと経済性を兼ね備えたパサートのようなPCにしなければいけない(関係ない)。

今まで使っていたのはクールマスターというPCケースのメーカーで有名なところの結構大きなモデル。直径12センチの大型ファンが4つくらいついているので冷却性能は高いのだが結構うるさかった。

また、ケースが大きく余裕があるもんだから色々増設してみたくなり、ハードディスクが4つにデッカイビデオカードにサウンドカード、地デジチューナー・・と盛りだくさん。パソコンの中にデバイスが多く存在するとそれぞれのデバイスからの熱で発熱量は増え、それが4つのファンで後方へ排出されるから、夏でもファンヒーターで部屋を暖めている気がしてくる。

IMG_4461
今回選んだのはGMCというメーカーのJ1というケース。ATXマザーボードが載るケースとしてはかなりコンパクトである。

ケース購入にあたっては、小ささ、価格(3,000円以下)、デザインで満足の行くケースにしたかったが、デザインの部分は購入したお店であるドスパラに陳列されているどんなケースを見ても満足行くものは無かった。なぜWindows PC用のケースデザインは価格に関係なくダサいのだろう。まあ、GMCというのが米ゼネラルモータースのトラック/SUVブランドっぽかったのでデザインのソレは許そう。安いし。

IMG_4453
実際に古いケースから中身を移し替えてみると、大きなヒートシンクも長いビデオカードも問題なく収まり一安心。ただし、ここまでコンパクトな筐体であるがゆえに、電源ユニットを先に付けるとBDドライブが収まりにくいだとか、ハードディスクはビデオカードとの位置を考えて設置しなければならないとか、パズルの様な面倒さは多少あった。

さて、完成してOSやらセキュリティ関連のアプリやらをインストールしてみると、さすがに一世代前のCPUだとしても、Intel Core 2 Duoは快適だ。Core i7搭載のiMacにはかなわないものの、WindowsPCはAtomばっかり使ってたから体感速度はかなり速い。引越し済むまで開封しない予定だった段ボール箱から、ぼく管3の羽田や沖縄編を引っ張り出してプレイしてみるが、GeForce GTX 285のビデオカードで、ぼく管2に比べてキレイでヘビーになったグラフィックも、その動作に全く問題はない。お金もケース代のわずかしかかからず、ダウンサイジングは大成功だ。

ただし、当初目指したパサートの様なパソコンになったか?というと、、、、やや古くてもCPUやビデオカードが結構ハイパフォーマンスであるため、ニューパサートというよりは、コンパクトなボディに3.2リッターV6エンジンを搭載したゴルフR32のようなパソコンになってしまった気がする・・・つまりホットハッチPCの誕生である。

なお、ぼく管3のホノルル空港編は、引っ張り出してきた過去の作品がなかなか難しく苦戦しているため、しばらく先になりそうだ。





にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
 

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ