SUV

話題のC-HRがけっこう良さそうな件

IMG_4078
去年くらいから物忘れが激しく、自分の記憶がアテにならないことが多い。あれ?さっき何しようと思ってたっけ?ってことが頻繁。

そんなだから、発表と同時くらいにカタログ貰いに行こうと思っていたトヨタの話題のコンパクトSUV「C-HR」をディーラーに見に行ったのも、年の瀬押し迫ってからだった。

展示車両は陰影があまりでなそうなブラックだけど、それでもなかなかカッコイイ。スバルのインプレッサとかによくある、コンセプトカーがだいぶ劣化して市販化されるのと違って、モーターショーで見たそのまんま。同じ攻めたデザインのSUVである日産ジュークなんか足元に及ばないくらいイケテると思う(好みだと思うけど、未だにジュークは意味がわからない)。

IMG_4080
テールランプの形状はかなりアグレッシブ。

IMG_4077
内装は200万円台からの値付けなのに、国産車って今はこんなに質感上がったの?と驚いたほど。シフトノブのデザインも、ハイブリッドだからってスイッチっぽいやつところが良い。

IMG_4076
リアシートを倒せば完全フラットになるのも、できるだけ飼い主に近いところに乗りたい犬がいるオーナーには朗報。

でも、チョットなぁと思うところもいくつか。

IMG_4815
リアのドアノブがあるあたり、ドアノブをスタイリッシュにデザインしたみたいなのはトヨタも自慢げなんだけど、この小窓・・・フツーのセダンとかならまあいいけど(といっても、私はこの小窓があるクルマはあまり好きじゃない)、カッコ優先のこのクルマでは無くして欲しかった。この窓がないと、リアウィンドウが開けられない(下げられない)というのであれば、リアウィンドウは固定か外側に押し出して開ける簡易な方式でもいいから、カッコを優先したらよかったのに。結果、なんだかここらへんが煩雑になってしまっている。

IMG_4816
さすが国産車、オプションでTRDとかモデリスタとか豊富にパーツがあるのは羨ましく、こんなかんじのオフロードっぽくオーバーフェンダーでワイルドなカスタマイズができたら、きっと売れまくって街にあふれるトヨタのハイブリッド(ガソリンモデルもあるけど)SUVであったとしても、人と違うスタイルを選べるのは良い。

しかし!

IMG_4819
こういう「超合金」みたいなエアロとかは子供っぽすぎて元のデザインを破壊しているようにしか思えない。こういう路線はそっち系のクルマやサードパーティーに任せておけばいい。

それからボディーカラーをもっと増やすべきだ。
白、黒、銀、ワイン、黄、茶、あとレイトンブルー??みたいな水色だけじゃなくて、ミニのチリレッドのような、深みのあるソリッドなレッドとか、FJクルーザーにあるベージュっぽいのとか、マットカラーなんかも面白そう。たぶん今後増えていくだろうけど、アクアのオレンジやピンクみたいな色使いでカラーラインナップを増やすことは避けてほしい。

あと、細かいことだけどラゲッジスペースの床板はペラッペラのペッコペコなので、ホームセンターでラワン材のベニヤでもかって、アルカンターラみたいなスエードを貼り付けて自作する必要がありそう。

と、文句もいってみたけど、総合的にこのクルマは良さそう。ミニの乗り換えタイミングで登場したら結構本気で検討したかもしれない。機会があれば一度乗って試してみたいナ。


で、あらためてモーターショーの時の写真をみてみると、やっぱりコンセプトのほうイケていて、やっぱり私の記憶はアテにならない。

DSCF2281-2




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1/30 C-HR 5A3 イエロー【中古】【買取王国】
価格:7344円(税込、送料別) (2017/1/14時点)





にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

 

ミニちゃんからミニさんへ

DSC02152
というわけで、R56ミニちゃんから、R60ミニさんへ交代となりましたYO!

ドアの枚数なんか少ない方がいいっていってたけど、ペースマンが品切れて、そのタイミングでカントリーマンのパークレーン、クーパーSDとの出会いがあったのだからしょうがない。

絶対的な運動性能、速さは敵わないけど、SUVとしての走りのまとまり良さはSQ5を凌ぐほど。ディーゼルならではのトルクの太さで、アクセルなんか1センチくらい踏めば並みのスポーツカーくらいは慌てさせる加速性能で、いつもの路面の悪い高速のカーブも、ピッチングも少なめでしなやかに凹凸を吸収し、かつしっかりとまわっていく脚は熟成された後期モデルだからならでは。MINIという別ブランドのSUVなのに、走りのBMWらしさを隠しきれていない。BMWではSAVっていうんだっけ。

カントリーマンは素のままでよいクルマだし、超シックで英国紳士的な装いのパークレーンなんていうモデルだから、いろいろ触るに触りにくいのだけれど、

DSC02383
そうはいっても、さっそく細かいところから手をつけ始めたところ。この雰囲気を壊さずまとめていくのが楽しみだ。



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

 

最強のS

DSC08745
またまたアウディSモデルの試乗をさせていただきましたYO!

DSC08746
真っ赤なS4セダン。
豊橋ナンバーということは広報車?

DSC08747
セダンを欲しいと思ったことは今までなかったけれど、コレに乗って価値観に変化あり。いつかこういうスポーティーなセダンも乗ってみたいネ!!


そして、


DSC08705
コチラが我が家の本命、SQ5!!


セダンもいいけど、生意気坊やのクレートが積めないから、ワゴンボディのSUVがいいよネ。


DSC08712
SUVだけど30mmローダウンされてるから、ワイドアンドローなスタイルがなんともカッコヨシ!


DSC08699
もちろん4WDなんだけど、クワトロの文字すらないリアビューがクール!



試乗車じゃないんで乗れなかったけど、今回はその4本だしマフラーの奏でるSQ5の排気音、エキゾーストサウンドを録ることに成功!ちょっとだけ・・・。

ドライブセレクトの操作でフラップが開くと少しワイルドな音になるんだYO!



そんでもって、



IMG_2589
こちらは"散歩に出掛け易いよう"に、私の靴を持ってきてくれた親切なSOL坊や・・・このSが最強!?




でもね、




余計なお世話だYO!!!









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

次期ドゥードルカー?MAZDA CX-5に乗ってみた

DSCN4620
さほどクルマに興味の"ない"人ならば、このクルマがディーゼルだということは分からないだろう、という常套句をインプレ記事で頻繁に見ることが多いMAZDA CX-5だが、実際にこの話題の最新クリーンディーゼルを近くで、そして乗って音を聞いた限り、かつてのディーゼルに比べれば静かなものの、音の部分では紛う事無くディーゼル車だった。そもそもそのテの記事を読むなんてクルマに興味が"ある"人が殆どであるだろうから、クルマに興味の無い人ならという例えもどうなのだろうか。

最近街中で目にする機会が増え、チラシ広告やらウェブサイトで見るのとことなり、意外と実物は立派に見えるSUVをもっとじっくり見て見たいと思い、買い物途中にディーラーへ立ち寄ったのだが、うっかり試乗もさせていただくことができた。


DSCN4612
私がCX-5を実際に見て乗って確認したかったのは、

- 後席およびラゲージスペースはソールに対応しているか?
- 写真で見る限りはチープな質感漂う内装は実際いかがなのだろう?
- 4Lガソリンエンジン並のトルク!というのはどれほど?

の3つ。試乗車はXDというグレードのもの。オーディオレス。


最初のソールへの対応は後席シートも4-2-4で倒れ、クレートを縦に積んでも余裕あるラゲージスペースで問題なし。


2つめの内装の質感や雰囲気であるが、これは写真通りかなあ、というのが正直なところだ。


DSCN4614
素っ気ないほどのシンプルな造形は嫌いじゃないが、プラスチック感が目立ってしまう部分も多々。センターコンソールのシルバーメッキ部分の隣やドアのパワーウインドウスイッチ近くの縦方向のグルーブなどは存在意義がよくわからないデザインだし、パッと見シルバーで縁取られ3つ並んだメーターはスポーティだが、高級感はさほど感じられない。ダッシュボードの樹脂の質感もまあ・・・。

しかし、このクルマは200万円ちょっとからの値付けがされているクルマなのだから、それを考えれば及第点ではないだろうか。しかも、このクルマの最大の魅力は、他の国産と異なり地道に内燃機関にこだわり研究してきたマツダの技術が詰まっている点だ。一番大事なクルマを運転する楽しみを備えた200万円からのスタイリッシュなSUV、と考えれば内装の質感は納得いくのかも知れない。


ただし、欲を言うならばシートもなにもかもブラックではなくて、ロードスターのハードトップモデルで選べるタンカラーのシートなんかも選べるようになるとうれしい。それだけで、このクルマの魅力はグンとアップすると思う。


そうそう、3本スポークのステアリングホイールは手ごろな径で、デフォルトで革巻きだから、ウレタンはやっぱりなあ〜と自分で革を苦労して縫い付ける必要がないのは素敵である。


DSCN4618
そして、今回の最大の関心事とも言えるディーゼル最大の恩恵と言われるパワフルなトルクは、アクセルを踏み込んだ時に十分に「ほほう、こういうことか」体験することが出来た。


ただ、6速ATのセッティングなのか出だしからすぐにそのトルクを感じることはなく、停止から走り出しの1速ではおとなしい。むしろ拍子抜けなのだが、2速以降でモリモリとトルクが沸いて出てくるのだ。だから信号待ちや一時停止の多い街中では4L級トルクはほぼ味わう機会が無さそうだ。無理やり味わいたければそこそこアクセルをラフに踏み込む必要があるから、そうなると街中ではやや乱暴な運転になりそうだ。

つまり、買い物や駅への送り迎えなんかの日常的な足として使う分には、ハッキリ言ってディーゼルモデルでなくても良いような気がする。ガソリンモデルは乗ってないが、常識的に考えれば振動や音などはガソリン車の方が少ないだろうし、ディーゼル補助金の期間が終われば、最初に必要な投資額に差も出てくるだろうから、話題のクリーンディーゼルという言葉に流されず、納得いくまで試乗して自分のライフスタイルに合わせたモデルを選ぶのが良いかと思う。


乗り心地は日本車よりも欧州車に近いかもしれない。マツダ車は初めて乗ったので、以前からそうなのか、最近のがそうなのかわからないが、柔らかい=乗り心地が良い、硬い=スポーティーという安易な考えで作られていないというのが分かり好感が持てた。


IMG_7338
「で、ボクにこのクルマを買ってくれるんですか?」


もしソール号キューブが壊れて、CX-5にタンカラーの革シートが登場して、程度の良いディーラーのデモカーあがりの中古車が手ごろな値段で手に入るようなら考えましょうかねぇ。



IMG_73422
「ちぇっ、望み薄じゃん」


あ、そういえば、今回の試乗車はFFだったのか4WDだったのかを確認しわすれたが、この点についてはクルマに興味の"ある"私でもわからなかった。









↓ 楽しいドゥードルブログ、ガレージハウスブログがたくさん!

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

もう一歩前へ、欧州車の質感!マツダCX-5

IMG_9056
仕事から帰り、新聞のチラシをペラペラとめくって仕分けしていく。クルマのチラシもいくつか見受けるが、私の好きな欧州車やアメ車のそれはなかなか入らないので、トヨタや日産のチラシはほとんどそのままスルーしてしまう。

だが、ついついチェックしてしまうのがマツダのチラシだ。奇をてらったデザインのミドルサイズミニバン(ミニバンに大中小ってなんか変?)はともかく、デミオは国産コンパクトのなかでは一番好感が持てるし、ロードスターはみていて楽しくなる。間もなく終了のRX-8の限定車にはお疲れさま、また戻ってきてねロータリーエンジン、とチラシに向かって声をかけたくなる。

さて、そんなクルマ本来の楽しさを忘れていないマツダから、アウディQ3やBMWのX1辺りの対抗馬となりそうなクロスオーバーSUV「CX-5」が発売された。

その顔つきは、最近のBMW1シリーズのように顔文字(・ω・)風にも見えるが、豚っ鼻で無い分こちらの方が上品かもしれない。また全体的なスタイリングもまとまりがありスタイリッシュ。特に真横からみた時の、前席付近が一旦沈み込みリアにかけてせり上がる感じのラインが、私は一番好きである。

エンジンはマツダお得意のスカイアクティブで燃費も良いらしいが、特筆すべきは何といってもCX-5で一番パワフルなユニットであり、一番経済的でもあるクリーンディーゼル、SKYACTIV-Dエンジンだろう。175馬力という最高出力はともかく、わずか2000回転で発生する42.8kgf・mというトルクは一度体験してみたいところだ。先日レインジローバースポーツの試乗で体験したようなトルク感とまでは行かないだろうが、大排気量NAエンジンのようなトルクに匹敵する数値だし、マツダ自身もそれを謳っている。

スタイリングも良くパワーユニットも魅力的なCX-5だが、このクルマいいじゃんモードに入った私が一気に冷めてしまうのが内装だ。ブラックを基調にスポーティーさを演出しているのだとは思うが、他の国産メーカーにくらべ、兼ねてから内燃機関を大事にしたりフロントマスクの意匠を統一したりと、欧州車のそれに近いマツダなのだから、もう少しプレミアムな雰囲気を出してもよいのではないだろうか。
ブラックの内装というのは売りやすく、買う側からみても汚れが目立ちにくく選び安いのかも知れないが、タンやオフホワイト系のレザーシートなんかの設定があってもおもしろいし、スポーツ路線ならブラックに太めのホワイトでステッチをいれたりするのはいかがだろう。
価格を抑える為にも冒険は出来ないのかも知れないが、ちょっとしたことで「オッ?CX-5!」と街行く人々を振り返らせることが出来るはずだ。プレミアム路線もカジュアル路線もスポーティ路線もこなせそうな素材なだけに、内外装ともカラー設定やパネルの種類の設定が寂しい気がした。もちろん、これはマツダ車全てに言えると思うのだが。

環境性能を重視する動きにある自動車業界では、小さいクルマ(CX-5の寸法はそれほど小さくないけど)だから安っぽいとか、性能が乏しいというのは当てはまらなくなっている。それを上手く具現化したのがアウディであり、VWグループだ。
そして、そんな欧州のクルマづくり巧者にも負けないクルマ屋としてのポテンシャルをもっていると思えるマツダだからこそ、あと一歩踏み込んで肩を並べる存在になって欲しいと願いたい。





にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ