RS7_06
来るぞ来るぞと言いながら、結果的には日本列島を掠めて去っていってくれたふたつの台風の為に、外出の計画をあまり立てることが出来なかった我が家の夏休みであったが、3つほどの楽しいイベントが存在した。

一つ目はLinoちゃん家訪問。
二つ目はココではまだ書いていないが、松田町の方のドッグラン訪問。
そして三つ目が今回の「Audi Ultimate Collection 2013」だった。

これはアウディの"速い"モデルを集めた展示会のようなもので、会場はグランドハイアット東京。

六本木っていうだけで大都会への不安が募るのに、ハイアットなんかにクルマで乗りつけたらドアマンとか出てきてキーを預けるシステムの駐車場だったら、どう振る舞えばいいかよくわからないし・・・なんてビビって結局電車で向かった。

で、


RS7_00
まずは会場に入ってすぐにその異様なたたずまいに度肝を抜かれたRS7だ。



RS7_02
ちょっと前にアウディはA5スポーツバックという流麗な5ドアクーペで話題を呼んだが、その一回り大きいものがA7スポーツバック。AがつくノーマルのA7でも存在感のある流線型が異様な存在感を放つのに、これはRSが付く激速ぷんぷん丸モデル。



RS7_03
ドア数多いクルマのクセして、ドライバーズシートに座ってみれば、そのドライビングポジションといい、色気といい、完全にスポーツカーであることを思い知らされる造作である。



RS7_04
見た目のインパクトとは裏腹に座り心地のよいスポーツシート。



RS7_01
カーボンでまとめられた内装パネル。



RS7_05
スタイルの美しさ。



どれをとってもたまらないのだが、寸法とお財布への負担で我が家のガレージに収まることはないのが明白であり、その点だけが残念でならない。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ