Q5

新しいアウディQ5に乗ってみた

image
というわけで、ひっさしぶりにアウディのクルマに触れられる機会を貰い、いそいそと出かけてみた。

そしたら、なんてことでしょう、アウディってこんなにも高級だったんだって驚くこと多々。

ディーラーの雰囲気しかり、応対しかり、クルマの出来しかり。TTとSQ5の頃は、遊びに行ってはキャッキャはしゃいですみませんでした。。。

で、新しいQ5は先代より洗練された優等生感更にアップで、静かでフラット、平和な車内空間を提供してくれます。ようやく安全性能もライバルに追いついたらしいこの最近のアウディは、ワンランク上の、ってのは常套句だけど格段にグレードアップ。ハンドリングもスポーツって言う感じではなく、寸分たがわず狙ったところをスムースにトレースしてくれ、動力性能はパワフルながらも欲張り過ぎない252馬力で「優れたSUV」筆頭まちがいなし。でも、これは文句なく良いモノでしょう、とは思うけど、私は買いませんよ。

だって、

image
バンパーのマフラーカッターっぽいとこは塞がってて、下から覗き込むと、マフラーエンドが控えめ〜に下むいているんですもの!

そりゃあ、先代Sに近い価格もハードル高いけど、内燃機関好きとしては、環境意識のデザインが好みではないってことでやらせて貰ってます。

一方、

image
こっちは欲しいねぇ〜。美しいだけでなく、マフラーもちゃんと出てるんだから。






にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

なんのための前進守備だ

DSC05845
ENGINEやNAVI CARSみたいなチャラっとした(?)クルマ雑誌が好きなので、なんだか分厚く真面目そうなCGは今まで買ったことがなかったのだけれど、ポルシェマカンと愉快なSUV仲間たち的な見出しと特集に誘われて初CG。

ご存知ポルシェマカンは我が家のSQ5といろいろ共有してる兄弟車種。今回の特集記事にも登城するハリアーとレクサスNXはもちろん、イヴォークとディスカバリー、TTとゴルフやA3、など、おおよそ現代のクルマはシャシーやエンジンの共有が無いクルマの方が少ない。だからオプション商売なポルシェには手が出ないとはいうもののやっぱり気になるマカンさん。

で、マカンはやっぱりスポーツしてるってこと以外にこのテスト記事でわかったのが、Q5はオフロードには向いていないということ。最近のSUVのほとんどがオンロード性能を重視しているため期待はしていなかったけれど、BMW X4と共に都会っ子ぶりを存分にアピールしてしまったようである。S付きのウチのはさらにオフロードが苦手な雰囲気プンプンだ。もぅー、こまった子だなぁ、S太郎は〜ふふふ〜。

さて、このテストの総合結果だが、誌面でも、また今週放送されたカーグラフィックTVでも言っていたけれど「まさかの」レクサスNXがトップだった。いくつかの項目に別れたテストの総合点だとはいうが、居住性だけでトップだったNXは、他のテストで平均点くらいを右往左往していたために個性ある他のクルマたちを出し抜けたらしい。

でもそれでいいの?

テスターの誰もが欲しいクルマに1位のNXを指定しなかったなんて皮肉っぽいことを言ったり、装備と価格からのコスパテストで得点を加えたり、加速性能テストにだけマカンS(ちょっと速いやつ)を参加させてみたり、中途半端なテスト項目を加えてチグハグな結果を生むのであれば、やっぱりマカンはポルシェなんだよ!イヴォークのスタイリングは色褪せないんだよ!レクサスのおもてなしに包まれるんだよ!SUVでもハイブリッドに乗りたいんだよ!フロントミドシップこだわるんだよ!SUVはジープ、オトコは黙ってチェロキーなんだよ!なんていう"らしさ"を評価するテストを加えたほうが面白そうだし、老舗CGが各車の個性を伝えることで、「一番売れてるのください」となってしまいがちであろう、"クルマそんなに重要視してない層"をクルマ好きにすることができるかも?クルマ好きの裾野を広げられるかも?と思うのだ。








にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

 

工作の時間

DSCF8004
アウディ純正プラズマクラスターイオン発生器。シャープ製のアレにアウディのロゴがついたものである。納車の際に購入して寝かせておいた。そろそろイイ按配に熟成が進んだ頃だろうからクルマに載せてみることにした。


しかし、コレをカップホルダーにおいて12ボルト電源をシガーソケットから取れば、タバコの匂いやペットの匂いなんかを除去して車内の空気をキレイににっていう優れものではあるが、私の場合いくつか問題がある。

・タバコ吸わない
・新車の匂いを楽しみたい
・カップホルダーがひとつ使えなくなる


で、

3分ほど思案した結果、使用しない時はS太郎(SQ5)のセンターコンソールボックスにしまっておくことにした。



DSCF8429
さて、このセンターコンソールボックス、レッドステッチが素敵ねぇ〜ってコトじゃなくて、この中はイオン発生器におあつらえ向きな12V電源のソケットも備わっているのだが、底の方にはCDがたてに並べて収納出来るよう仕切りがついている。仕切りの高さはおよそ3〜4センチくらい。

音楽をデータ化して、あらゆるデバイスで楽しむことができるようになったデジタルオーディオ全盛期とはいえやはりCDには敵わない、だからクルマにお気に入りのCDを乗っけておいて、せっかくのバング&オルフセンのスピーカーでもCDを楽しみたい・・・とも思うけれど、やはりSDカードに詰め込めるデジタルオーディオのほうが利便性は高く、32GBのSDHCも安価になってきたから、低圧縮なソースを楽しめばイイじゃない。センターコンソールはイオン発生器置き場+携帯などの充電スペースにしてしまおう!



そして、



DSCF8133
完成。


開口部をその辺にあったA4の紙を折って合わせて採寸し、発泡スチロール製のボードを切り出し、木材で補強および嵩上げの為の脚を作り木工用ボンドで接着。一部ネジ留め。


仕上げに、ネットで購入したアルカンターラ!・・・ではなく、スウェードを貼って出来上がり。


2連ソケットを2つ使って、USB電源以外に予備のソケットまで備わっている。


DSCF8126
イオン発生器はこんな風に丸い穴に収まる。


実際にクルマにインストールすると・・・


DSCF8417
じゃーん!


DSCF8507
じゃじゃーん!


DSCF8513
なかなか質感も高く良いできでは??と、思うのだけれどどうだろうか。


いちおう、イオン発生器の吸気も考慮して背面側には少し隙間を開けた(偶然開いた)。

インテリアカラーに合わせて、iPhone / iPad充電用のライトニングケーブルも赤いのを用意。こたつのコードっぽい気もするけど、ドスパラで安かったサードパーティー製だが、iOS7でも今のところちゃんと使えている。

ちなみに、12Vと書かれたソケットのフタはアウディ純正パーツでドイツ製をお取り寄せだ。気張った。


さいごに、使用する時はソール坊やを乗せた時くらいだろうから、コンソールボックスのフタははね上げた状態で使用する必要はあるのはいいとして、センターコンソールが物入れとしての機能を果たさないことに関するご指摘があるかもしれないが、それは問題なし。

なにしろ、私は部屋の中やガレージにはあれこれガラクタが満載ではあるものの、クルマの中はスッキリとあまりモノを積みたくない性格なのだ。

まいったか〜



DSCF8467
「ボクは臭くありませんよ〜だ」








にほんブログ村 車ブログ アウディへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
 

美しく機能的!ステンレスフットレスト

DSCF7938
Audi A4系プラットフォームの右ハンドル車の問題点に、エンジン搭載位置を後ろに下げたのが原因かフロントデフの出っ張りが運転席足もとにあるため、左足の行き場がないという有名なものがあるのだが、セダンやアバント(ワゴン)よりもフロアが高い位置にあるQ5/SQ5では、それほど出っ張りを感じるほどではない。A4、A5では左足足首から上あたりがフロアの出っ張りに密着する感じなのだが。


しかし問題が無いわけではなく、そのそれほど狭くもないSQ5のフットレストだが、これがまた遠い。
おそらく平均的な身体の日本人であれば誰でも遠いくらい奥に存在し、その上写真のようにアクセルペダルやブレーキペダルより貧相な見た目である。

これは放っておけない!
フットレストさんともっとお近づきになりたい!



DSCF7928
というわけで、G-Speed謹製のステンレスなフットレスト(※AT車を運転する時に、左足ブレーキを使う人以外は左足を休ませて置くための休憩所)をSQ5に装着することにした。といっても、実はこのパーツは納車前から装着を決めており、納車後すぐに購入したのだが例によって購入して気持ちが満足したため、熟成のために寝かせてあったのである。



DSCF7918_2
このフットレストの良い点は、ヘアライン入りのステンレスで見た目がアクセル/ブレーキペダルとの統一感が出ることはもちろんだが、分厚いことにある。悪いところはちょっと値が張るところか。


現物を観察するとわかるが、純正のプラスチッキーなフットレストにステンレスのフットレストを固定して写真のような厚みを出しているのだ。つまり、この厚さ35mm分だけ実際に取り付けた際、純正よりもお近づきになれるというワケ。



DSCF7945
ではさっそく取付けよう。

取付けの第一歩は純正フットレストの取り外し。クルマ弄りの三種の神器のひとつとも言えるであろう、「内張はがし」のヘラを隙間に差し込んで手前にこじって外すのだが、プラパーツはこの際に折れるコトが多いためドキがムネムネする瞬間だ。バコッっと爪が外れる度に冷や汗が流れる。

なお、こういった作業をする際に、マイナスドライバーなんかを使うと、うっかり手が滑った際に大事なクルマを傷だらけにしちゃうので、必ず樹脂製の内張はがしを使うことをオススメする。



DSCF7940
今回は問題なく取り外し完了。取付けるフットレストをよく観察し、附属のマニュアルやウェブサイトを参考に慎重にやるのが良い。



DSCF7947
ま、仮に純正フットレストの爪が折れたとしてももう使わないからイイか〜なんて思うかもしれないが、車体フロア側の受け口は上の写真のようになっており、よーく見るとあまり逞しい造りとは言えないので、乱暴にやると受け口側がバカになってしまって痛い目を見ることになるかもしれない。



DSCF7962
さて、純正フットレストが外れたら、爪の位置を合わせてステンレスフットレストを押し込むだけで装着完了だ。

ただ、フロアの内張のモコモコした部分を鋏んでの取付けになるため、結構弾力があってカチっとはめ込むにはコツがいるかもしれない。私は手で押し込んだあと、念のためシートに座ってフットレストを足で踏み込んでおいた。



DSCF7974
実際の使用感だが、35mm近くなるだけで左足の快適性は格段にあがる。その上、ドライバーはステアリングの隙間からチラッとのぞくシルバーを見て悦に入ることができるのだから、それほど高い買い物ではないのかもしれない。


・・・と出費のことは都合よく忘れてみる。



DSCF7907
「はいはい、満足そうでなによりですよ」



※坊やはトリミングに行ってきました







にほんブログ村 車ブログ アウディへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
 

長いなら切ればいいじゃない

DSC00741
前回、SQ5のフロントのライセンスプレートボルト、つまりナンバープレート留めてるネジがリアと同じで9mmなために、Audi純正パーツであるライセンスボルトキャップが装着できないという問題にぶつかったのだが、ボルトを切断することで解決することにした。



DSC00763
このボルト、一見アルミ製に見えるが、中心のネジ部分はお堅いステンレス製なので、ステンレス用の刃を用いて金ノコでギーコギーコと切ったのだが、どうやって抑えようか思案した結果、ネジザウルスのペンチで掴んで作業した。



DSC00765
おや、ネジザウスルご存知じゃない?便利ですよ。
一家に一本。



そして・・・



DSC00742
切れた。
堅かった。




DSC00743
断面が十代の若者のように尖っていたので、ヤスリで諭すように仕上げて完成。



DSC00760
装着!

う〜ん、良いわァ〜。



DSC00762
今回使用した工具オールスターズ。

ネジザウルスは万能だが、そろそろ万力が欲しい頃合いである。








にほんブログ村 車ブログ アウディへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
 

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ