IMG_9987
今年のルマン、ガレージで缶ビール片手にYouTubeで観戦。天井からぶら下げたモニターに釘付けになったから首が痛くなったが、磐石と思われたトヨタのほぼ全滅と、残り僅かでトップのポルシェがストップなど、目が離せない展開で、勝ったポルシェの2号車に拍手した。

去年の4月まではアウディ乗りだったから、ナショナリズムに反してトヨタよりもアウディを応援してたけれど、今年はトヨタ、ついにTS020のリベンジを果たすか?(個人的には去年のトヨタストップなんかより、1999年の敗北のほうが残念だった)と、久しぶりにトヨタを応援したのは、「プリウスはカッコ悪いといつもいっている」とTVで語った社長に心を許したからなのかもしれない。でも、最近はエクスなんとかというギラついた下品なフェイスのヴァンを高級車と自画自賛するCMにとても後悔している。高級っぽく見せて売ろうってのは勝手にしたらいいけど、自分で高級っていっちゃだめだ。アルファードの時もいってたけど。来年はやっぱりポルシェを応援しよう。

さて、えてして私は周りから外車を乗り回してる気取ったやつみたいないわれをされることが多い気がするが、別に見栄でクルマで選んだことはただの一度もなく、クルマが好きだから、乗って楽しいクルマを選んで来た結果、外車が多かっただけだし、その分支払いという重荷は背負っているから、そんなことを言われる義理は全くない。

そして今だって気になる国産車はあるし、その筆頭がロードスターだから、今回カタログをもらいがてらうっかり試乗(本当は予定していた)できたのは最近で一番楽しい時間だったかもしれない。

IMG_9989
ソウルレッドのロードスターが対向車線を走ってくるとハッとするが、実物を近くで見てもこの色とサイズ、スタイリング、バランスはさすが。かっこいい。

アバルト124スパイダーを試乗したから、インテリアとかはほとんど同じでわかっていたから、気になるのは動力性能。試乗車はオートマで、スポーツモードにしたり、マニュアルでパドルシフトを操って流れの良い公道を自由に走らせてもらった結果、よくレビューであるようなモアパワーが欲しくなるというのを実感した。

IMG_9988
信号が青になってアクセルペダルを思い切り踏み込みレッドゾーン手前まで引っ張っても、前のクルマに追いつきあたふたすることはなく、法定速度内でその加速能力を味わえる。国産車のATのレスポンスも非常にダイレクト感が増しているが、MiniだってATはアイシン製だから当たり前か。

ハンドリングはとてもよく追従し一般道でなんの憂いもない。試乗したのはSレザーパッケージ。薄すぎない16インチタイヤとノーマルサスペンション(RSのビルシュタインと比較してノーマルという意)の乗り心地は、ビルシュタインの車高調を入れたウチのミニ カントリーマンよりソフトで温和。もちろん、かといって揺さぶられる感じなどもない。もしロードスターを購入することがあれば、インチアップではなくインチダウンして15インチにムッチリしたタイヤを履かせたい。そのほうがかっこいいし、かわいい、クラシックなスポーツ。

30分くらい自由に乗らせてもらった感想としては、バランスもよくて乗りやすくイイクルマのだけれど、スポーツカーとしては温和すぎ。できればもう少しなにか不便さというか特別なものが欲しい、やっぱりこのクルマはMTで乗るもの。そして、いつものとおりマツダおなじみの引っ込んだマフラーエンドをみると、いろいろカスタマイズして楽しむのが良さそうだな、という結論に至った。いろんなパーツもでてるしね。

IMG_9995
ロードスターに試乗してあらためて感じたのは4Cの特殊さ。地面を這うように爆音を奏でて走り、アクセルペダルを深く踏み込めば、その軽さから「離陸するの?」と思うような加速で非日常を味あわせてくれる。そんなクルマで非日常感覚が麻痺している自分だから、オープンカーが欲しい時はロードスターよりもアバルト124スパイダーがいいのかもしれない。

また外車かよ!と言われてしまうかもしれないけれど、クルマの楽しさを売りにする分別のあるマツダのスポーツカーに乗るのは、もう少し自分が分別のある大人にならないといけないと思うのだ。









にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ