5ドア

ミニはミニであれ

DSCF6984
ワケあって我が家のR56ミニクーパーの代車に、F55ミニ5ドアを借りている。

クルマのドアなんか少なけりゃあ少ないほうがイイ、という、おおよそ日本の標準とは違う考えを持つ偏屈な私は、5ドアっていうだけで懐疑的になってしまったのだけれど、それしか無いっていうんだから仕方ない。食わず嫌いは良くないだろうと、貸していただいた。


DSCF6989
その間延びした不恰好を忘れれば、さすが、ミニっぽくしたまま、最近のクルマらしく進化はしている。

DSCF7002
R56ではガチャっと閉まるドアも、バムッっと締まり、4気筒NAなOneとクーパーのエンジンだったそれも、3気筒ターボでエコと常用域でのトルクを確保してるから、常用域ではストレスがない。ポロポロブルルというサウンドも、踏めば一応ウォーーンとなるから、頑張ってる感は感じ取れる。だけど、あくまでも常用域でトルクがあり、その上まで回しても何の感動も得られない。つまり、つまらない。

DSCF6998
あの初めて乗ったら笑っちゃうようなミニが立派に進化して、アウディA1とか、VWポロっぽく優等生になった。スペックよりよく走るダウンサイジングターボと、スムーズなトランスミッション、硬めな足回りはゴーカートフィーリングを維持している、つもりなのかもしれない。だけど、結果として中途半端。

DSCF7011
センターメーターのあった場所にナビは確かに便利。エアコンの温度調節がメーター周りのライトに現れるのも楽しいギミックかもしれない。でもミニらしさはギミックで出すものではなく、クルマの基本部分がもっているものだと思う。

DSCF6986
ミニらしさをイミテーションとしてユーザーの裾野を広げるのであれば、結果としてそれはMINIを買うのもBMWを買うのも変わらないし、むしろ高速域での信頼感薄いハンドリングで、ドイツ勢ライバルに負けている。中途半端にイイクルマを目指し、ミニらしさを欠いたミニは理詰めで攻めるアウディやVWに勝てるはずもない。

DSCF7017
せっかく「高級」というありふれた枠ではないブランドを持ち合わせているミニなのだから、それを大事にしない手はないと思うのだが、BMWはそこんとこどう考えているのだろうか。
最近のミニをみていると、デザインといい戦略といい、BMWのネガな部分を色濃く反映しているようにしか見えない。

単純にミニはミニであってほしいだけなのだ。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

間違いだらけのドゥードルコンパクトSUV選び

IMG_9027
何を隠そう、以前のクルマ、ボルボV70から乗り換えを検討した時、第一候補はレンジローバースポーツだった。

レンジローバー・ヴォーグ程ではないとしても、なかなかリッチなこのクルマ、ウチは住宅ローンも無い(後に存分に背負う事になる)し、頑張れば買えたりするんじゃない?という私の特技「深く考えない」を発揮してショールームへ足を運んで深く考えた結果、想像以上に豪華で高価なレンジローバーは高嶺の花の座を降りる事が無かった。

TTを選んだ事は後悔がなく、コンパクトスポーツカーを買うのであれば私にとってベストの選択だったと思う。

が、アレがあるのだ。
そう、我が家にやって来るであろうドゥードルを乗せるとなると…。

というわけで今回は、久々にあの企画「間違いだらけのドゥードルカー選び」をお送りしたい。みんな覚えてるかなぁ?覚えてないだろうなぁ~。


IMG_9019
まずは現在の愛車、アウディTTクーペのラゲージ+リアシートを検証。

このサイズのクーペとしては十分なラゲージスペースだとは思うが、リアシートは窮屈だ。大人をココにのせるのはちょっと失礼。子供も小学生くらいまでなら、というレベルだから、ドゥードルをリアシートに乗せれるのは幼少期の数年、いや、成長速いらしいので良くて1年くらいだろうか。

IMG_9012
シートを倒してフラットにしてみる。これなら後ろに行くほど高さはなくなるが結構広く使える。成犬ドゥードルも「フセ」の状態で2頭くらいは乗れそう。ただし、ケージにいれたりすると入らなそうなので、万が一の時が不安。

IMG_9020
どの位の広さなのか分かりやすくするために、ガレージにあったショアラインシャイナーを置いてみる。

ポツーン・・・

案の定、分かりにくいのでボツ。

IMG_9025
ルアーの代わりに傘を。とにかく、ドゥードルを乗せられるけど、安全に、そして楽々と乗せるのは難しそう、ということ。


 * * *


IMG_9031
さて、過去にドゥードルカーとしてアウディQ3を取り上げたが、日本上陸を目前に雑誌やウェブで詳細を知り思う事がひとつ。クルマとしては絶好調アウディだから良く出来ているのだろうし楽しそうなんだけど、これをガレージに置いてもわくわくしない気する。コンパクトSUVにそれを求めるのは酷だろうか。

と、ここで冒頭のレンジローバーに話は戻るのだが、肝心なのを忘れていた。
それは、来月から日本でも発売が開始されるレンジローバー・イヴォーク。



コンセプトカーとして世に出てきた当初、
「これは面白そうだ!」
と思ったものの、
「どうせV8の5000ccとかなんでしょ」
「どうせ800万とかいうんでしょ」
などと決めつけ諦めていた。前者は維持費が高く、後者は手が出ない。



しかし、このイヴォーク、価格は450万円から。エンジンは2000ccの直4ターボ。これなら維持費も抑えられるし、他のレンジローバーの半分くらいの金額で、レンジらしい上品な内装も得られるなんて素晴らしい。

また、その重量はアルミを多用した結果1600〜1700kgくらいらしいので、SUVとしては極めて軽い。これにトルクフルな直4ターボならオンロードの走りも楽しそうだ。私はTTに乗って実感したが、クルマの軽量化はエンジンのパワーアップなんかよりずっと走りを楽しくする。



それになにより、このクルマはデザインもパッケージもわくわくする。これならガレージに収めたい。今年はさらにロトクジに精を出さねばなるまい。

そして、肝心のドゥードル性能であるが、これは3月の発売後にディーラーで確認する事にしよう。
わざわざ数少ないランドローバーディーラーへ出向くのは面倒だが致し方ない。
せっかくだから試乗もさせてもらおうか。今までとはことなり、エンジン横置きFFベースの4WDなのに、レンジローバーらしさを持った走りと賞されているが、らしい走りってどんなのだろうか。
もう困るなぁ、乗ってみなきゃわからないじゃないか!





にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ