国産車

日本の道路で楽しいクルマ

IMG_9987
今年のルマン、ガレージで缶ビール片手にYouTubeで観戦。天井からぶら下げたモニターに釘付けになったから首が痛くなったが、磐石と思われたトヨタのほぼ全滅と、残り僅かでトップのポルシェがストップなど、目が離せない展開で、勝ったポルシェの2号車に拍手した。

去年の4月まではアウディ乗りだったから、ナショナリズムに反してトヨタよりもアウディを応援してたけれど、今年はトヨタ、ついにTS020のリベンジを果たすか?(個人的には去年のトヨタストップなんかより、1999年の敗北のほうが残念だった)と、久しぶりにトヨタを応援したのは、「プリウスはカッコ悪いといつもいっている」とTVで語った社長に心を許したからなのかもしれない。でも、最近はエクスなんとかというギラついた下品なフェイスのヴァンを高級車と自画自賛するCMにとても後悔している。高級っぽく見せて売ろうってのは勝手にしたらいいけど、自分で高級っていっちゃだめだ。アルファードの時もいってたけど。来年はやっぱりポルシェを応援しよう。

さて、えてして私は周りから外車を乗り回してる気取ったやつみたいないわれをされることが多い気がするが、別に見栄でクルマで選んだことはただの一度もなく、クルマが好きだから、乗って楽しいクルマを選んで来た結果、外車が多かっただけだし、その分支払いという重荷は背負っているから、そんなことを言われる義理は全くない。

そして今だって気になる国産車はあるし、その筆頭がロードスターだから、今回カタログをもらいがてらうっかり試乗(本当は予定していた)できたのは最近で一番楽しい時間だったかもしれない。

IMG_9989
ソウルレッドのロードスターが対向車線を走ってくるとハッとするが、実物を近くで見てもこの色とサイズ、スタイリング、バランスはさすが。かっこいい。

アバルト124スパイダーを試乗したから、インテリアとかはほとんど同じでわかっていたから、気になるのは動力性能。試乗車はオートマで、スポーツモードにしたり、マニュアルでパドルシフトを操って流れの良い公道を自由に走らせてもらった結果、よくレビューであるようなモアパワーが欲しくなるというのを実感した。

IMG_9988
信号が青になってアクセルペダルを思い切り踏み込みレッドゾーン手前まで引っ張っても、前のクルマに追いつきあたふたすることはなく、法定速度内でその加速能力を味わえる。国産車のATのレスポンスも非常にダイレクト感が増しているが、MiniだってATはアイシン製だから当たり前か。

ハンドリングはとてもよく追従し一般道でなんの憂いもない。試乗したのはSレザーパッケージ。薄すぎない16インチタイヤとノーマルサスペンション(RSのビルシュタインと比較してノーマルという意)の乗り心地は、ビルシュタインの車高調を入れたウチのミニ カントリーマンよりソフトで温和。もちろん、かといって揺さぶられる感じなどもない。もしロードスターを購入することがあれば、インチアップではなくインチダウンして15インチにムッチリしたタイヤを履かせたい。そのほうがかっこいいし、かわいい、クラシックなスポーツ。

30分くらい自由に乗らせてもらった感想としては、バランスもよくて乗りやすくイイクルマのだけれど、スポーツカーとしては温和すぎ。できればもう少しなにか不便さというか特別なものが欲しい、やっぱりこのクルマはMTで乗るもの。そして、いつものとおりマツダおなじみの引っ込んだマフラーエンドをみると、いろいろカスタマイズして楽しむのが良さそうだな、という結論に至った。いろんなパーツもでてるしね。

IMG_9995
ロードスターに試乗してあらためて感じたのは4Cの特殊さ。地面を這うように爆音を奏でて走り、アクセルペダルを深く踏み込めば、その軽さから「離陸するの?」と思うような加速で非日常を味あわせてくれる。そんなクルマで非日常感覚が麻痺している自分だから、オープンカーが欲しい時はロードスターよりもアバルト124スパイダーがいいのかもしれない。

また外車かよ!と言われてしまうかもしれないけれど、クルマの楽しさを売りにする分別のあるマツダのスポーツカーに乗るのは、もう少し自分が分別のある大人にならないといけないと思うのだ。









にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

クルマの夢壊すトヨタの夢あるクルマ

IMG_7960
もしも日本車を買うならば何を買うか?ふとそんなことを考える。私がそのような状況になると言うのはどんな時か?日本車=安い、輸入車=高いという図式は現在では成り立たなくなってきてため価格的な理由ではない。では日本が再び鎖国でもした時か?

まあ理由はどうあれ、輸入車でも国産でもクルマをあれこれ思い浮かべて妄想クルマ選びをするのは楽しい。やっぱり乗ってて楽しいクルマがいいから、マツダロードスターがいいかなぁ?でもコンパクトスポーツクーペ路線だとTTとキャラがかぶって新鮮味がないから、大きめなクルマ良いかな?・・・なんて。

そして、最終的に私が行き着いたところが買える買えないは別としてレクサスLF-A、それとトヨタFJクルーザーだ。

LF-Aは言わずとしれた国産スーパースポーツ。V10エンジンを積んだカーボンの塊はレーシングカーのようだ。500台の限定生産な上に国内販売台数は100数十台、価格は3000万円越えと、到底乗るチャンスがあるとは思えないクルマではあるが、日本車でそんなクルマは今までに見た事がないからそそられる。いかに4WDのハイテク日産GT-Rがニュルブルクリンクで速かろうと、V10パワーFRというレイアウトで地面に伝える不器用(イメージ)なLF-Aの方がずっと魅力的に映る。コックピットに座り、勇ましいV10サウンドに陶酔しながら思いっきりアクセルを踏み込みたい。そんな夢を抱かせる日本車は他にない。

FJクルーザーは北米で先行販売されていた"昔のランクル"を現代風に、そしてポップにリメイクしたようなRV。カラフルなボディカラーと丸っこいスタイルからは想像できないくらいしっかりしたオフロード性能もあるらしい。中国車だか韓国車だか日本車だか分からないデザインが多い中、FJクルーザーのデザインは秀逸だ。でかすぎて湘南の小道では持て余しそうな気もするが、買える日本車という観点で見たら第一候補かもしれない。ドゥードルも楽々乗れそうだし、なによりこのクルマに乗ってると楽しくなりそうだ。そこそこの値付けでもあるため道具として使い倒せるだろうし、これに乗って海に山に色んなところに行ってみたいと夢膨らむ。

さて、結果的に見たら両方トヨタのクルマだ。後だしジャンケンでコストを抑えてクルマの楽しさを封じ込んでまでも、売ることに徹するのが上手なトヨタのクルマだ。そんなクルマの未来から楽しさ奪うような事をしておきながら、一方でこんな夢のあるクルマを作る事もできるなんて・・・うーん、なんともトヨタは憎たらしい。





にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ