TFFU0852
あなたは性格診断というか、タイプ診断というか、そういうのやったことあるだろうか.

私は以前転職するときにやってみたのだけれど、アドバイザーいわく、長年やってきてこんな人初めてだと言われるくらい特殊な「タイプ」だった、らしい。

私の「タイプ」は、半分がサポートする「サポーター」タイプ。
これはよくある自分から先頭に立ってリードしていくというより、縁の下の力持ちタイプ。

そして半分は芸術家タイプ。
良く言えば、自由な発想でのびのびと独創的な考えをする人。悪く言えばちょっと変わった人だろうか。

それらがモノの見事に半々で結果となったものだからベテランアドバイザーも驚いたそうな。

しかし、私としてはこの結果、大いに嬉しく、誇らしく思っている。
しゃしゃりでずにサポートするというのは、誰かの役に立ち、かといってそれを自慢せずというのは我家系の精神に則っているし、日本人の美徳にも従っている。

一方で、独創的な考えを持ち、芸術的な独自の感覚を持ち合わせているというのは、あらゆるモノにこだわる自分としては持っていて当たり前のアビリティであり、誇らしく思う。


ただ、


半々では中途半端なのだ。


サポーターならサポーター100%のほうが力を発揮できるし、芸術家タイプが100%ならばクリエイティブな能力を遺憾なく発揮しているだろうものを、50%だと、クリエイティブなんて表現をつかうことがあつかましく思えてしまう。


だから、将来、この、誰かの手助けを、ややクリエイティブな発想でやっていく、という私に合っていそうな生業ができることをいまの糧としよう。






にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ