レビュー

写真より本物がイイ、メルセデスベンツGLA

DSC01126
MINIちゃんの車検を夏に控えていることを理由にして、初のメルセデスディーラー訪問。

ホントはデザインに優れ、追従レーダーや自動駐車機能など、現状では極めて自動運転に近い安全装備をほとんどのグレードに標準装備するCクラスステーションワゴンに乗って、同じFRのBMWの乗り味と比べてみたかったのだけれど試乗車はなかったため、CはCでもAMG C63の爆音をショールーム内で少し聞くだけに留まり、「このサイズなら運転できるかも!」とMINIちゃん本来の所有者が主張するGLA180に試乗させていただいたのだが、ほぼGW期間中は渋滞となる134号線を含め、よく知る一般道を走ってみたが、とても快適で先進技術のつまった快適なクルマだった。

 
DSC01125
まず、乗り込んでシートベルトを締めエンジンをかけると、シートベルトにテンションがかかり、適切なベルトテンションを自動で検知する機能に驚く。

走り出しの軽快さは、最近のダウンサイジングターボらしく、排気量と実際の動きの先入観ギャップが大きく、普段使いではいわゆるひとつの"必要十分"な動力性能に感心。

案の定渋滞にはまった頃、ブレーキペダルを深く踏み込むとかかるブレーキホールド機能の解除時の自然さが、アウディのソレよりも至極自然であるという地味目ポイントに感動した。

ディス イズ メルセデスをGLAの市街地試乗で確認できたかというと、到底そうは思えず、せめてCやEなんかを高速道路を交えてじっくりと走らせてみなければ、そのらしさはわからないのだろうけれど、現行のF56を始めとするMINIシリーズがすっかり大きく間延びしてしまった現在では、十分GLAはMINIの次のクルマとして選択肢に入ることになりそうだ。
 

DSC01124
ただし、私の場合は"必要十分"な動力性能ではなく"必要以上"を持っていたいタチなので、できればGLA250 4MATICが良く、さらにはSUVであっても重心が低く、より内装もスポーティーな仕様が好みであるため、"スポーツ"のつくグレードで車高を1センチ低く、標準でも十分ホールド性の良いヘッドレスト一体型シートを、アルカンターラにして一層のスポーツ性能を高めたい。いかに快適で良いデキのクルマであっても、なんらか運転に影響するデキ以外の楽しさが欲しいところ。

でも、そうなると MINIちゃんの後継としては、だいぶステップアップすることになりそうだし、程よく値が落ちた走行少ない中古車を狙うにしても玉数が少ないから悩ましいところではあるのだが、実を言うと一番の悩ましさは、試乗の間ひとりディーラーで留守を守っていたこのお方のご機嫌をどうやって回復させようかというところにあったりする。


DSC01116
フンッ!!(怒)







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

シマノのリール

DSC07998
最近ブログの更新がおっそいのは、べつにサボってるわけじゃないんですよ、ハワイの余韻に浸って日常からの逃避行をしているだけなんですよ!!

というわけで、今回は釣り具の話。

ハワイでブルーフィントレレバリー(カスミアジ)を釣ったロッド、パームスのショアガンは折れてしまったけれど、購入した釣り具店からメーカーに送ってもらったところ無料で修理をしていただけたと連絡アリ。よかった、次回はどんなロッドをもっていけばいいんだ?というのもこれで解決。やっぱり個体の問題だったのか。機内持ち込みできるサイズでってなると、あとはワールドシャウラとか、モアザンモバイルとかになっちゃうからネ。欲しいけど怖い!キャッ!


で、ロッドが本題ではなく、リール。
トレバリーを釣った時のリールは、シマノのニューツインパワー3000HGM。気合を入れてハワイのために用意したリールなんだけど、注目すべきはその番手「3000HGM」。

これは、ダイワでいうところの2500Rという、ボディは3000番、ローターとスプール(糸まいてあるところ)は2500番サイズというように、ボディにくらべて頭が小さい、つまり小顔なリール。シーバスフィッシングに丁度いいというダイワの謳い文句どおり、私は横浜在住時代からこの2500Rをシーバスや青物なんかのルアーフィッシングに愛用してきたのだけれど、現在のこのハイギア(ハンドル1回転の糸巻き量が多い、つまり速く糸を巻ける)時代にあわせて新しい2500Rリールを買おうと思ったら、ダイワは最高峰のイグジストくらいしかハイギアがラインナップされていないのだが、シマノの3000HGMはツインパワーという中堅モデルであり、しかも軽さよりも堅牢性の高い私好みのモデルにそれをラインアップしてくれているものだから、選ばない理由はなかった。

DSC07999
実際使用してみると、ステラにも近い巻き心地と、高い剛性を持つボディ、スムーズで強靭なドラグ性能で、ロッドが折れるほどのトレバリーのパワーに負けず、大満足な性能だ。惜しむらくは、その地味目なカラーではあるが、これもベールのゴールドがワンポイントの差し色になっていて、道具として丁度いいのかもしれない。

まあ、最近周りをみるとダイワのほうが優勢に見えるから、シマノを使っていることが偏屈な私には心地いいだけなのかもしれないけどネ。


ってシマノリールの噂をしていたら「Stradic」なる新製品が登場する様子。ムービーを見ると、ステラ、ツインパワーに続く新しいボディ形状、しかもハガネのエンブレムが着いていることから、これはなかなか期待ができそうだゾ。







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

 

ちゃんと撮れますP310

DSCN2338
P310というキーワードで検索し、このブログに来てくださる方が多いようで、そうなるとP310の事をあまり良く書いてない私としては少々うしろめたくなってしまう。

なので今回はちょっとフォローを。
キヤノンのS95と比べて動作が鈍くさく感じるのは相変わらずなのだが、写りに関しては悪くはない。コントラストの高めなキヤノンの絵作りが好みではあるものの、P310にもピクチャースタイル選択のようなものがあり、ヴィヴィッドを選べばノーメイクの飾り気のない絵からそこそこメリハリの利いた絵にはなる。これは好みの問題だが。

そして、この夏、私はP310でスローシャッターを切ろうとしても1/30より遅いのは選べずイライラしていたのだが、これが連写モードだったからだということが分かった。常日ごろから、シャッターチャンスを逃すまいとするために連写モードを多用していたために気づかなかったのだ。単写なら問題なく遅いシャッタースピードが選べた。マニュアルを読まないからこういう事になるという例。ただし、S95では連写モードでも選べたのだから、少々機能が制限されていると言わざるを得ない。

DSCN2351
ともあれ、使っているうちに"おおらかな"スピードにも慣れてきてストレスはあまり感じなくなってきている。これで写りが悪かったらアレだが、ISO800くらいでこの程度のノイズなら上等でしょう。

なにより、2万円くらいで買えて、マニュアルモードでも撮影出来るカメラは貴重である。今まではオートだけで撮っていたけど、もう一歩踏み込んで写真を撮ってみたい人にオススメなカメラである。


IMG_4314
「フーン・・・」





 ↓ 他のガレージハウス、ゴールデンドゥードルブログはこちら!

 
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

続報!COOLPIX P310の使用感

IMG_9999
P310を検索して、たいして詳しく情報の載っていないこのブログへいらっしゃっている方々に申し訳ないので、その後の使用感などを少し。ほんの少し。微々たる感じで。。。

COOLPIX P310の使用感はどうかというと、ハッキリ言えばCOOLじゃない。画質?デザイン?いやいや、スピードの問題である。ただし、これはキヤノンのS95と比べてなのでご注意を。

P310は電源を入れてから1枚目を撮れるまでの時間がS95より遅いのだ。S95は電源を入れてからフォーカスが合うまで「待つ」という感覚は薄い。一方、P310は待つ。確実に待つ。ソール(犬)がいい表情をしたので撮ろう(飼い主バカ)!と思うと、最初の「待ち」で表情が変わってしまい撮り逃がすこともけっこう多く、日に何度かは地団駄を踏む。

また、連射で撮影したあと、キャッシュというかメモリというか、いっぺんに撮影可能な枚数まで言ってしまうと、次が撮れるまでに時間が空く。これもS95では意識しなかったレベルのものだ。

ただし、S100にP310が勝っている部分もある。それはレンズの明るさ。S100のF2.0に対してF1.8という数値はなかなか立派である。おしむらくは、これでもう少し大きいCMOSを積んでくれるとのいいのだが、、、。やはりデジカメのキモは明るいレンズに大きなCMOS / CCD、素早い動作である。

とは言っても、S95の後継S100と比較しても価格的にも機能的にもP310は格下の存在なのだろう。キヤノンのそれらと同じ能力を求めるのは、ニコンにしてみたらお門違いなのかも知れない。
これから高級コンデジを考えている方は、ぜひ価格の下がってきたS100と店頭で徹底的に比べてみてから決めることをオススメする。




【送料無料】キヤノンPowerShot S1...

【送料無料】キヤノンPowerShot S1...
価格:34,800円(税込、送料込)




にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

ドゥードルカー選び、イヴォークに乗る。

IMG_8759
日本発売から約1ヶ月、ついにイヴォークの実車を見にでかけた。
1ヶ月も放っておいたのは、やはり私の欲しい(買えないけど)レインジローバーはレインジローバースポーツであり、イヴォークではなかった。そもそも、カタログやウェブで見る限り手放しでこのクルマが欲しいとまでは行かなかったというのも正直なところだ。そして何よりの懸念は、最近の良く出来たクルマに対するツマラナサの懸念だ。

ダウンサイジングを成功させた最近のクルマは、アウディを見る限りはお利口すぎてややツマラナイ方向へ行っている気がしてならない。事実、燃費やギヤ比を改良したウチのTTより新しいモデルはお利口になった分、スポーツカーらしさが失われていてつまらなかった。

2L直4ターボの横置き。
もう今となっては不文律化したかのような基本コンポーネントはイヴォーク、そして現在の私のクルマであるアウディTTにも当てはまる。もちろんこれは環境性能、燃費性能のためのダウンサイジング化の流れであり、最近ではFRではあるもののBMWも2L直4ターボを採用してきた。

IMG_8754
最初に見たのは2枚ドアのイヴォーククーペ。これはなかなかどうしてTTっぽいクルマだ。
背の高いTT、そんな簡単過ぎる印象。インパネまでソックリで、センターコンソールあたりは違うものの内装の作り込みなどがTTと似ている。ドイツ車も英国車も似たようなものなのか・・・?

IMG_8769
そして、1.9mの幅を持つイヴォークのどこがコンパクトSUVなんだよ!と思っていたのだが、実際に目の前にするとこいつはコンパクトSUV以外の何者でもないと思えるから不思議だ。ただし、ランドローバーディーラーという特殊な環境もあるかもしれないが。

IMG_8766
正直、先のクーペの内装は良く作り込まれてるとは言え、レインジローバーの内装としてはやや物足りなかったのだが、この5ドアモデルの上級グレードに標準で備わるレザーの内装は完全にレインジローバーだ。上品で柔らかなレザーシートに身を委ねると「我が家のドゥードルが傷つけないように躾は厳しくやらなければならないな」などと、買いもしないのに脳内ではすっかりドゥードルカー当確となっている。

ステアリングにはスイッチ満載、エンジンスタートと共にせり上がってくるシフトレバーならぬシフトダイヤルも斬新ではあるが、何よりも魅かれたのがオーディオの音だった。廉価グレードのピュアにオプションで付けると15万円という価格であるMeridianの手による825Wの出力、17個のスピーカーからなるシステムが素晴らしかった。純正オーディオであそこまで鳴らすのか。iPodやiPhoneもUSBポートにアップル純正の"いつもの白いケーブル"で簡単に接続出来るのも良い。

IMG_8770
そして走りの方はレインジローバースポーツのようなモリモリとトルクで加速する走りは無理だが、ターボは存在感を主張せずスムーズで自然な走りを堪能出来る。ブレーキのタッチは他のレインジローバーに及ばないのは残念なところだが、よく効くブレーキだった。トルコンATのパドルによるシフトチェンジも素早く決まる。よっぽど追い求めるのでなければ不満は全くない動力性能だろう。

IMG_8760
さて、ドゥードルを乗せて快適に移動する為には?というテーマではじめた「間違いだらけのドゥードルカー選び」だが、イヴォークの登場でとりあえずは落ち着きそうだ。カタログ以上に格好も良く走りも良く高級、そしてデザイン以上に広いリアシートからラゲッジ周りはドードルカーとしての素質も十分で文句はない。

ただし、乗り換える事を決めたわけではなく、スポーティーと言えどもSUVはSUV、高級感はさすがに負けてしまうが、走りはコンパクトスポーツクーペのTTに分がある。こういうクルマに乗れるのも今だけかも知れないと思うと、今はまだ地面に近いところで楽しみたい気持ちがある。
時が経って、もう十分に楽しんだナと思えたら、TTを卒業してレインジローバーをどうやって買おうか?というフェーズに移るに違いない。


にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ