モーターショー

クルマ

VWグループのディーゼルエンジン搭載車の不正は非常に残念だ。かといって、VWグループのクルマ作りが他のメーカーに負けたわけではない。

それはグループ企業であるアウディオーナーの負け惜しみではなく、VW、アウディの機械としての完成度の高さを実感しているが故の意見だ。

ミーハーなクルマ好きである私が、なぜアウディを2台乗りついているかと言えば、それはクルマ、いや機械としての完成度の高さというのが主要理由に挙がる。ここまで詰められたモノづくりができるのかという、尊敬と言うか感慨と言うか、そういった思いを抱き、完成度の高いとアウディを所有する喜びと、欧州車の走る楽しみを理由に乗り継いでいるが、それは到底日本車には無い感動であり、その他の国のクルマにもないものだ。

じゃあ、完成度が高い機械であるクルマが一番なのか?
それはノーだ。

機械としてのアウディに惚れた私は、比べれば相当緩いがコミカルなミニの全てに楽しさを覚えるし、新車でもガタビシいうイタリア車だってとっても魅力的。ハッキリ言えば私は心の底から嫌いな国産のギラついたヤンキー仕様ミニバンだって、家族、絆を糧に、それを好む人の必然があるはずだと思う。

燃費燃費でハイブリッドじゃないことが悪になり兼ねない日本で、その象徴たるプリウスも、私は積極的に好みはしないが、燃費を突き詰めた空力デザインは美しいと思うし好きだった。それが新型で安っぽいミライのクルマっぽくしょぼい見た目になろうとも、嫌悪感は抱きつつ、全否定はしない。

クルマを単なる移動手段として位置づけない「クルマ好き」にとって、モータリゼーションの発展は絶えず進化し、その過程で様々な解釈のクルマが出てくるのは必然なのだ。「好き」といわれる人々が存在する産業では、けっしてそこに人間のエゴによる「ごまかし」が進化を遮る要素となるべきではない。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

クルマデザイン水掛け論

DSC07727
レクサスからRCというクーペがデビューしたことで、SuperGTのGT500クラスで走っている国産車のうち、いまだコンセプトカーなんかを堂々と国内最高峰レースで走らせているのはホンダだけになった。ソアラファンだった私としては、トヨタから出るグランドツーリングでラグジュアリー、そしてスポーティな匂いもするRCは、トヨタの経営手法やクルマ作りに対する姿勢(社長が今更ちゃんとしたクルマをつくろうと言い出すところを含め)との音楽性の違いから疎遠になっていても気になる存在だ。

そもそもRCのスタイリング全てが気に入っているわけではないけれど、賛否両論あるスピンドルグリルはわりと好きなほうで、いつのまにか私も乗っかっていたSUVブームもあり大注目のNXなんてカッコイイなぁと思う。
ハリアーのスッとした面構えを見て、このパッケージ、レクサスでもなんか出てくるんだろうナと思ったら案の定。しかも、Audi Q5を意識したと担当者が宣うのだからそりゃあ気になる。

そして、この「NX」をグーグルなんかで軽快に検索していたりすると、ブラウザのどこそこに記憶されたキーワードを奴らが検知して、「NXクーペを安く買うには」なんていう非常にナローバンドな広告が行く先々で表示されるようになったりする。

この日産ではなくレクサスのほうのクルマ、昨年の東京モーターショーでは、

DSC07753


DSC07744

こ〜んな感じのヌルヌメマッチョなエグい奇妙なコンセプトカーだったのだが、実際販売する段になって「こう見えても昔はワルだったんですよ」と大人しくなりすぎることもなく、いいバランスで名残を残しデビューしていると思う。


一方で、コンセプトカーは現実的なカッコよさをもっているのに、実際にデビューすると残念っ!が続いている最近のスバルは、群馬県出身の私の故郷愛が強ければ強いほど心に深く突き刺さる。

現行インプレッサ、XVでは整っていた現代のスバルデザインも、レヴォーグあたりから特に前面からの立体感を急激に失い、対向車線を走ってくる姿は平面感が非常に強いものとなっている。
それはまるで先代までのエレガントさを捨て家電デザインを纏ったヴィッツのようで、当然のように先日出たばかりのWRXも全くもってその流れを汲んでいる。こうなるともう、コンセプトカーではあんなにカッコよかったWRXはどこ行っちゃったんさ、と群馬出身者は嘆かずにはいられない。いっそスバルもコンセプトカー作るときはトヨタくらい思い切ったのをやったほうが、実車が出た時のデザインバランスがちょうど良いんじゃなかろうか。

IMG_0211
コチラは私の愛車と同じSQ5。東京モーターショーモデルで、ちょっとスペシャルなデコラティブパネルやら、見たことない仕上げのホイールが付いていたが、ほかはボディーカラー以外一緒。

SQ5も気を衒ったデザインではなく、基本路線はスバルのそれらと似ているが、こちらは立体感がある。正直、デザインに惚れて購入したワケではなく、坊やも乗れるSUVであること、SラインではなくSであること、そのときのTTの市場買取価格含む諸条件がよかったこと、そしてなにより担当セールスさんの人柄と心意気で決めたところが大きかった(ここまで書けば明日くらいに彼は「あのパーツ入りましたよ!」などと良い話をひっさげて電話くれるはず)のだが、所有して時間が経てば経つほど、その大人しめなデザイン言語に対する理解が深まり日々納得することとなる。あまり同じのが走ってないところが良いのだが、先週末初めて同色のSQ5とすれ違った。その時、私はミニに乗ってたけどネ。

DSC07382
さて、各方面から大絶賛止まないマツダの鼓動デザインは、CX−5ではやや控えめに、アテンザではさらに踏み込み、アクセラあたりからサイズとデザインのマッチングも良くなった模様。新型ロードスターはなかなかどうしてけっこう本気で欲しかったりして。

DSC07831
といったところで、今回特にオチのようなものはないのだけれど、とりたてて日常にネタがない時のために、来年のモーターショーも1000枚くらい写真撮ろうと思うん



にほんブログ村 車ブログ アウディへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
 

師走は忙しいものなのです

IMG_0872
どうも、ソール坊やです





はて?





IMG_1032
なーんか忘れてることがあると思ったんですが・・・





そう、





DSC07606
モーターショーの話!

日産のコンセプトカーについて言いたいコト言ったあと、S氏はモーターショーの話をしなくなってしまいました。



なんでか?




IMG_0488
単に面倒くさくなったようです・・・。




まあ、そのうち小出しにやってくと思いますから、




IMG_0787
その辺は大目に見て下さいネ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ
 

スバル、ホンダ、消えた名車

DSC05454
ああ、車検・・・。
「キューブの車検が近づきましたヨ!」
と、ご親切な日産ディーラーよりお便り。
ご親切なお見積もりを拝見してため息。キューブは車検取るなら自分で行こうかナ・・・。



いつものようにクルマ関連サイトを徘徊しながら自分のデスクでランチを食べていると・・・


え?!


スバルがイヴォークを出す?!



と、驚きで思わず箸をとめたのが↓この記事。
http://www.webcg.net/articles/-/29525



なんだ「イヴォーク」じゃなくて「レヴォーグ」か。
名前も紛らわしければ、ボディラインのイメージも結構似てそうで紛らわしい。



何より、スバルは看板ともいえるレガシィのツーリングワゴンをやめてレヴォーグをだすようで、なんでそうも簡単にレガシィツーリングワゴンを捨てられるのか首をかしげてしまう。


なぜか?


大きくなりながら若々しさを無くした結果、レガシィだかエクシーガだか分からないデザインになり売れなくなったからか?

あるいはトヨタ様のご意向で、ユニークでスタイルのよい自社の軽自動車を捨て、ダイハツ製のバッジエンジニアリングにさせられたように、売れなくなったレガシィを切り捨て"合理化"をはかるのか?と意地悪な勘ぐりをしてしまうほど、やはりレガシィのワゴンが無くなってしまうのはさみしいのだ。


しかし、決まってしまった事はしかたがない。せめて、スバルにはイヴォークのような大胆かつカッコいいデザイン、そして何より運転が楽しいクルマとして、レヴォークを世に送り出していただきたい。



そして、さみしいといえばホンダ・オデッセイだ。

ミニバンはあまり好きではない私だが、三代目オデッセイは好きだった。内装こそややメーター周りが賑やか過ぎる気はしたものの、なんというかレトロな雰囲気を持ちつつ新しいデザインと、他の国産ミニバンにはない低さ(車高ではなく全高)が魅力的だった。全高が低ければ低いほど重心も低くなり、クルマとしての運動性能は高くなる。

後席のスライドドアは、確かにミニバンには便利かもしれないけれど、オデッセイがヒンジドアを貫いているのも好みだった。

それだけに、私はこれらを全て捨て去った新型オデッセイを残念に思う。新型になっても2.4LのNAエンジンで、CVTのままというのも残念だ。新開発のエンジンといったところで、そのスペックに真新しさは全く感じないし、アコードハイブリッドのようなウンウン唸るCVTだとしたらおおよそ2013年の新型車とは思えない。いっそVWのようにミニバンを1.4LターボとDSGでラクラク走らせるくらいの事をやって欲しかった。

トヨタや日産のミニバンラインナップと合わせることで、売れるゾーンに商品を放り込むというのが一番手っ取り早いのかもしれないし、採算合わなければやっていけないのは企業としては当たり前だろうけどやっぱり残念だ。

日本車のなかでは頭ひとつ、いや足のさきまで抜け出た感のあるMAZDAに続けるのはスバルとホンダだと思う。そのためにも、「売れるクルマを作って」「たくさん売れる」のではなく、「運転するのが楽しいクルマを作って」「たくさん売って欲しい」のだ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ
 

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ