マツダ

日本の道路で楽しいクルマ

IMG_9987
今年のルマン、ガレージで缶ビール片手にYouTubeで観戦。天井からぶら下げたモニターに釘付けになったから首が痛くなったが、磐石と思われたトヨタのほぼ全滅と、残り僅かでトップのポルシェがストップなど、目が離せない展開で、勝ったポルシェの2号車に拍手した。

去年の4月まではアウディ乗りだったから、ナショナリズムに反してトヨタよりもアウディを応援してたけれど、今年はトヨタ、ついにTS020のリベンジを果たすか?(個人的には去年のトヨタストップなんかより、1999年の敗北のほうが残念だった)と、久しぶりにトヨタを応援したのは、「プリウスはカッコ悪いといつもいっている」とTVで語った社長に心を許したからなのかもしれない。でも、最近はエクスなんとかというギラついた下品なフェイスのヴァンを高級車と自画自賛するCMにとても後悔している。高級っぽく見せて売ろうってのは勝手にしたらいいけど、自分で高級っていっちゃだめだ。アルファードの時もいってたけど。来年はやっぱりポルシェを応援しよう。

さて、えてして私は周りから外車を乗り回してる気取ったやつみたいないわれをされることが多い気がするが、別に見栄でクルマで選んだことはただの一度もなく、クルマが好きだから、乗って楽しいクルマを選んで来た結果、外車が多かっただけだし、その分支払いという重荷は背負っているから、そんなことを言われる義理は全くない。

そして今だって気になる国産車はあるし、その筆頭がロードスターだから、今回カタログをもらいがてらうっかり試乗(本当は予定していた)できたのは最近で一番楽しい時間だったかもしれない。

IMG_9989
ソウルレッドのロードスターが対向車線を走ってくるとハッとするが、実物を近くで見てもこの色とサイズ、スタイリング、バランスはさすが。かっこいい。

アバルト124スパイダーを試乗したから、インテリアとかはほとんど同じでわかっていたから、気になるのは動力性能。試乗車はオートマで、スポーツモードにしたり、マニュアルでパドルシフトを操って流れの良い公道を自由に走らせてもらった結果、よくレビューであるようなモアパワーが欲しくなるというのを実感した。

IMG_9988
信号が青になってアクセルペダルを思い切り踏み込みレッドゾーン手前まで引っ張っても、前のクルマに追いつきあたふたすることはなく、法定速度内でその加速能力を味わえる。国産車のATのレスポンスも非常にダイレクト感が増しているが、MiniだってATはアイシン製だから当たり前か。

ハンドリングはとてもよく追従し一般道でなんの憂いもない。試乗したのはSレザーパッケージ。薄すぎない16インチタイヤとノーマルサスペンション(RSのビルシュタインと比較してノーマルという意)の乗り心地は、ビルシュタインの車高調を入れたウチのミニ カントリーマンよりソフトで温和。もちろん、かといって揺さぶられる感じなどもない。もしロードスターを購入することがあれば、インチアップではなくインチダウンして15インチにムッチリしたタイヤを履かせたい。そのほうがかっこいいし、かわいい、クラシックなスポーツ。

30分くらい自由に乗らせてもらった感想としては、バランスもよくて乗りやすくイイクルマのだけれど、スポーツカーとしては温和すぎ。できればもう少しなにか不便さというか特別なものが欲しい、やっぱりこのクルマはMTで乗るもの。そして、いつものとおりマツダおなじみの引っ込んだマフラーエンドをみると、いろいろカスタマイズして楽しむのが良さそうだな、という結論に至った。いろんなパーツもでてるしね。

IMG_9995
ロードスターに試乗してあらためて感じたのは4Cの特殊さ。地面を這うように爆音を奏でて走り、アクセルペダルを深く踏み込めば、その軽さから「離陸するの?」と思うような加速で非日常を味あわせてくれる。そんなクルマで非日常感覚が麻痺している自分だから、オープンカーが欲しい時はロードスターよりもアバルト124スパイダーがいいのかもしれない。

また外車かよ!と言われてしまうかもしれないけれど、クルマの楽しさを売りにする分別のあるマツダのスポーツカーに乗るのは、もう少し自分が分別のある大人にならないといけないと思うのだ。









にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

次期ドゥードルカー?MAZDA CX-5に乗ってみた

DSCN4620
さほどクルマに興味の"ない"人ならば、このクルマがディーゼルだということは分からないだろう、という常套句をインプレ記事で頻繁に見ることが多いMAZDA CX-5だが、実際にこの話題の最新クリーンディーゼルを近くで、そして乗って音を聞いた限り、かつてのディーゼルに比べれば静かなものの、音の部分では紛う事無くディーゼル車だった。そもそもそのテの記事を読むなんてクルマに興味が"ある"人が殆どであるだろうから、クルマに興味の無い人ならという例えもどうなのだろうか。

最近街中で目にする機会が増え、チラシ広告やらウェブサイトで見るのとことなり、意外と実物は立派に見えるSUVをもっとじっくり見て見たいと思い、買い物途中にディーラーへ立ち寄ったのだが、うっかり試乗もさせていただくことができた。


DSCN4612
私がCX-5を実際に見て乗って確認したかったのは、

- 後席およびラゲージスペースはソールに対応しているか?
- 写真で見る限りはチープな質感漂う内装は実際いかがなのだろう?
- 4Lガソリンエンジン並のトルク!というのはどれほど?

の3つ。試乗車はXDというグレードのもの。オーディオレス。


最初のソールへの対応は後席シートも4-2-4で倒れ、クレートを縦に積んでも余裕あるラゲージスペースで問題なし。


2つめの内装の質感や雰囲気であるが、これは写真通りかなあ、というのが正直なところだ。


DSCN4614
素っ気ないほどのシンプルな造形は嫌いじゃないが、プラスチック感が目立ってしまう部分も多々。センターコンソールのシルバーメッキ部分の隣やドアのパワーウインドウスイッチ近くの縦方向のグルーブなどは存在意義がよくわからないデザインだし、パッと見シルバーで縁取られ3つ並んだメーターはスポーティだが、高級感はさほど感じられない。ダッシュボードの樹脂の質感もまあ・・・。

しかし、このクルマは200万円ちょっとからの値付けがされているクルマなのだから、それを考えれば及第点ではないだろうか。しかも、このクルマの最大の魅力は、他の国産と異なり地道に内燃機関にこだわり研究してきたマツダの技術が詰まっている点だ。一番大事なクルマを運転する楽しみを備えた200万円からのスタイリッシュなSUV、と考えれば内装の質感は納得いくのかも知れない。


ただし、欲を言うならばシートもなにもかもブラックではなくて、ロードスターのハードトップモデルで選べるタンカラーのシートなんかも選べるようになるとうれしい。それだけで、このクルマの魅力はグンとアップすると思う。


そうそう、3本スポークのステアリングホイールは手ごろな径で、デフォルトで革巻きだから、ウレタンはやっぱりなあ〜と自分で革を苦労して縫い付ける必要がないのは素敵である。


DSCN4618
そして、今回の最大の関心事とも言えるディーゼル最大の恩恵と言われるパワフルなトルクは、アクセルを踏み込んだ時に十分に「ほほう、こういうことか」体験することが出来た。


ただ、6速ATのセッティングなのか出だしからすぐにそのトルクを感じることはなく、停止から走り出しの1速ではおとなしい。むしろ拍子抜けなのだが、2速以降でモリモリとトルクが沸いて出てくるのだ。だから信号待ちや一時停止の多い街中では4L級トルクはほぼ味わう機会が無さそうだ。無理やり味わいたければそこそこアクセルをラフに踏み込む必要があるから、そうなると街中ではやや乱暴な運転になりそうだ。

つまり、買い物や駅への送り迎えなんかの日常的な足として使う分には、ハッキリ言ってディーゼルモデルでなくても良いような気がする。ガソリンモデルは乗ってないが、常識的に考えれば振動や音などはガソリン車の方が少ないだろうし、ディーゼル補助金の期間が終われば、最初に必要な投資額に差も出てくるだろうから、話題のクリーンディーゼルという言葉に流されず、納得いくまで試乗して自分のライフスタイルに合わせたモデルを選ぶのが良いかと思う。


乗り心地は日本車よりも欧州車に近いかもしれない。マツダ車は初めて乗ったので、以前からそうなのか、最近のがそうなのかわからないが、柔らかい=乗り心地が良い、硬い=スポーティーという安易な考えで作られていないというのが分かり好感が持てた。


IMG_7338
「で、ボクにこのクルマを買ってくれるんですか?」


もしソール号キューブが壊れて、CX-5にタンカラーの革シートが登場して、程度の良いディーラーのデモカーあがりの中古車が手ごろな値段で手に入るようなら考えましょうかねぇ。



IMG_73422
「ちぇっ、望み薄じゃん」


あ、そういえば、今回の試乗車はFFだったのか4WDだったのかを確認しわすれたが、この点についてはクルマに興味の"ある"私でもわからなかった。









↓ 楽しいドゥードルブログ、ガレージハウスブログがたくさん!

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

もう一歩前へ、欧州車の質感!マツダCX-5

IMG_9056
仕事から帰り、新聞のチラシをペラペラとめくって仕分けしていく。クルマのチラシもいくつか見受けるが、私の好きな欧州車やアメ車のそれはなかなか入らないので、トヨタや日産のチラシはほとんどそのままスルーしてしまう。

だが、ついついチェックしてしまうのがマツダのチラシだ。奇をてらったデザインのミドルサイズミニバン(ミニバンに大中小ってなんか変?)はともかく、デミオは国産コンパクトのなかでは一番好感が持てるし、ロードスターはみていて楽しくなる。間もなく終了のRX-8の限定車にはお疲れさま、また戻ってきてねロータリーエンジン、とチラシに向かって声をかけたくなる。

さて、そんなクルマ本来の楽しさを忘れていないマツダから、アウディQ3やBMWのX1辺りの対抗馬となりそうなクロスオーバーSUV「CX-5」が発売された。

その顔つきは、最近のBMW1シリーズのように顔文字(・ω・)風にも見えるが、豚っ鼻で無い分こちらの方が上品かもしれない。また全体的なスタイリングもまとまりがありスタイリッシュ。特に真横からみた時の、前席付近が一旦沈み込みリアにかけてせり上がる感じのラインが、私は一番好きである。

エンジンはマツダお得意のスカイアクティブで燃費も良いらしいが、特筆すべきは何といってもCX-5で一番パワフルなユニットであり、一番経済的でもあるクリーンディーゼル、SKYACTIV-Dエンジンだろう。175馬力という最高出力はともかく、わずか2000回転で発生する42.8kgf・mというトルクは一度体験してみたいところだ。先日レインジローバースポーツの試乗で体験したようなトルク感とまでは行かないだろうが、大排気量NAエンジンのようなトルクに匹敵する数値だし、マツダ自身もそれを謳っている。

スタイリングも良くパワーユニットも魅力的なCX-5だが、このクルマいいじゃんモードに入った私が一気に冷めてしまうのが内装だ。ブラックを基調にスポーティーさを演出しているのだとは思うが、他の国産メーカーにくらべ、兼ねてから内燃機関を大事にしたりフロントマスクの意匠を統一したりと、欧州車のそれに近いマツダなのだから、もう少しプレミアムな雰囲気を出してもよいのではないだろうか。
ブラックの内装というのは売りやすく、買う側からみても汚れが目立ちにくく選び安いのかも知れないが、タンやオフホワイト系のレザーシートなんかの設定があってもおもしろいし、スポーツ路線ならブラックに太めのホワイトでステッチをいれたりするのはいかがだろう。
価格を抑える為にも冒険は出来ないのかも知れないが、ちょっとしたことで「オッ?CX-5!」と街行く人々を振り返らせることが出来るはずだ。プレミアム路線もカジュアル路線もスポーティ路線もこなせそうな素材なだけに、内外装ともカラー設定やパネルの種類の設定が寂しい気がした。もちろん、これはマツダ車全てに言えると思うのだが。

環境性能を重視する動きにある自動車業界では、小さいクルマ(CX-5の寸法はそれほど小さくないけど)だから安っぽいとか、性能が乏しいというのは当てはまらなくなっている。それを上手く具現化したのがアウディであり、VWグループだ。
そして、そんな欧州のクルマづくり巧者にも負けないクルマ屋としてのポテンシャルをもっていると思えるマツダだからこそ、あと一歩踏み込んで肩を並べる存在になって欲しいと願いたい。





にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ