DSC03321
ドイツ車に乗ってた頃は愛読していたクルマ雑誌のENGINEなどは、クルマの雑誌なのか腕時計の雑誌なのかわからなくなってきているくらい、腕時計のほうの露出(それもクルマ並みの価格のやつが多い)が増えているけれど、それだけクルマ好きなヒトは時計も好きっていうことなのか。ご多分に漏れず私も大好物で、釣りばっかりしてた頃は、くっきり日焼けるから身につけないことが多かったけれど、最近は釣りをサボっているので復権の兆しがある。

で、今回は手持ちの腕時計のベルトを交換して楽しもうっていう魂胆。

DSC03326
例えば、この優等生的スッキリデザインのクロノグラフのナイロン製ベルトは、デザイナーがこだわっているだけあってしっくりくるのだけれど、平日の仕事の時もあまりかしこまった服や靴を身につけず(シャツに襟がつくくらいで靴はほとんどスニーカー)、ご近所から「あの人、どんな仕事してるのかしら?もしかして働いてないのでは?ひそひそ・・・」と言われているに違いない私には気取り過ぎな気がするため、このベルトを楽天で見つけたややワイルドな革ベルトに変えてみる。


DSC03329
するとどうだ、これならあまり肩肘張らずに着用できるバランスになり、遊び人っぽい雰囲気がでてきたのではないだろうか。「ああ、やっぱり働いていないのね」とご近所に思われること間違いなしだ。


DSC03334
元のナイロンもそれっぽいデザインだけれど、今回付け替えた本革のものはNATOタイプのベルト。NATOベルト/NATOストラップというのは、イギリス軍で採用されたタイプのベルトだそうで、ミリタリーウォッチに使われていることが多い。

私は、経年劣化で千切れやすいルミノックスなどのベルトは端からこれに交換してやっている。なにより時計への装着も簡単で、いろんなタイプが販売さていて比較的安価なもの(しっかりした作りのナイロンで1000円くらいからある。ナイロン製はZULUDIVERのものがおすすめ。アマゾンで購入可能)が多いから、飽きたら次々取っ替え引っ替えってのもアリじゃないだろうか。






にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ