DSC07998
最近ブログの更新がおっそいのは、べつにサボってるわけじゃないんですよ、ハワイの余韻に浸って日常からの逃避行をしているだけなんですよ!!

というわけで、今回は釣り具の話。

ハワイでブルーフィントレレバリー(カスミアジ)を釣ったロッド、パームスのショアガンは折れてしまったけれど、購入した釣り具店からメーカーに送ってもらったところ無料で修理をしていただけたと連絡アリ。よかった、次回はどんなロッドをもっていけばいいんだ?というのもこれで解決。やっぱり個体の問題だったのか。機内持ち込みできるサイズでってなると、あとはワールドシャウラとか、モアザンモバイルとかになっちゃうからネ。欲しいけど怖い!キャッ!


で、ロッドが本題ではなく、リール。
トレバリーを釣った時のリールは、シマノのニューツインパワー3000HGM。気合を入れてハワイのために用意したリールなんだけど、注目すべきはその番手「3000HGM」。

これは、ダイワでいうところの2500Rという、ボディは3000番、ローターとスプール(糸まいてあるところ)は2500番サイズというように、ボディにくらべて頭が小さい、つまり小顔なリール。シーバスフィッシングに丁度いいというダイワの謳い文句どおり、私は横浜在住時代からこの2500Rをシーバスや青物なんかのルアーフィッシングに愛用してきたのだけれど、現在のこのハイギア(ハンドル1回転の糸巻き量が多い、つまり速く糸を巻ける)時代にあわせて新しい2500Rリールを買おうと思ったら、ダイワは最高峰のイグジストくらいしかハイギアがラインナップされていないのだが、シマノの3000HGMはツインパワーという中堅モデルであり、しかも軽さよりも堅牢性の高い私好みのモデルにそれをラインアップしてくれているものだから、選ばない理由はなかった。

DSC07999
実際使用してみると、ステラにも近い巻き心地と、高い剛性を持つボディ、スムーズで強靭なドラグ性能で、ロッドが折れるほどのトレバリーのパワーに負けず、大満足な性能だ。惜しむらくは、その地味目なカラーではあるが、これもベールのゴールドがワンポイントの差し色になっていて、道具として丁度いいのかもしれない。

まあ、最近周りをみるとダイワのほうが優勢に見えるから、シマノを使っていることが偏屈な私には心地いいだけなのかもしれないけどネ。


ってシマノリールの噂をしていたら「Stradic」なる新製品が登場する様子。ムービーを見ると、ステラ、ツインパワーに続く新しいボディ形状、しかもハガネのエンブレムが着いていることから、これはなかなか期待ができそうだゾ。







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ