DSC01126
MINIちゃんの車検を夏に控えていることを理由にして、初のメルセデスディーラー訪問。

ホントはデザインに優れ、追従レーダーや自動駐車機能など、現状では極めて自動運転に近い安全装備をほとんどのグレードに標準装備するCクラスステーションワゴンに乗って、同じFRのBMWの乗り味と比べてみたかったのだけれど試乗車はなかったため、CはCでもAMG C63の爆音をショールーム内で少し聞くだけに留まり、「このサイズなら運転できるかも!」とMINIちゃん本来の所有者が主張するGLA180に試乗させていただいたのだが、ほぼGW期間中は渋滞となる134号線を含め、よく知る一般道を走ってみたが、とても快適で先進技術のつまった快適なクルマだった。

 
DSC01125
まず、乗り込んでシートベルトを締めエンジンをかけると、シートベルトにテンションがかかり、適切なベルトテンションを自動で検知する機能に驚く。

走り出しの軽快さは、最近のダウンサイジングターボらしく、排気量と実際の動きの先入観ギャップが大きく、普段使いではいわゆるひとつの"必要十分"な動力性能に感心。

案の定渋滞にはまった頃、ブレーキペダルを深く踏み込むとかかるブレーキホールド機能の解除時の自然さが、アウディのソレよりも至極自然であるという地味目ポイントに感動した。

ディス イズ メルセデスをGLAの市街地試乗で確認できたかというと、到底そうは思えず、せめてCやEなんかを高速道路を交えてじっくりと走らせてみなければ、そのらしさはわからないのだろうけれど、現行のF56を始めとするMINIシリーズがすっかり大きく間延びしてしまった現在では、十分GLAはMINIの次のクルマとして選択肢に入ることになりそうだ。
 

DSC01124
ただし、私の場合は"必要十分"な動力性能ではなく"必要以上"を持っていたいタチなので、できればGLA250 4MATICが良く、さらにはSUVであっても重心が低く、より内装もスポーティーな仕様が好みであるため、"スポーツ"のつくグレードで車高を1センチ低く、標準でも十分ホールド性の良いヘッドレスト一体型シートを、アルカンターラにして一層のスポーツ性能を高めたい。いかに快適で良いデキのクルマであっても、なんらか運転に影響するデキ以外の楽しさが欲しいところ。

でも、そうなると MINIちゃんの後継としては、だいぶステップアップすることになりそうだし、程よく値が落ちた走行少ない中古車を狙うにしても玉数が少ないから悩ましいところではあるのだが、実を言うと一番の悩ましさは、試乗の間ひとりディーラーで留守を守っていたこのお方のご機嫌をどうやって回復させようかというところにあったりする。


DSC01116
フンッ!!(怒)







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ