クルマ

新しいアウディQ5に乗ってみた

image
というわけで、ひっさしぶりにアウディのクルマに触れられる機会を貰い、いそいそと出かけてみた。

そしたら、なんてことでしょう、アウディってこんなにも高級だったんだって驚くこと多々。

ディーラーの雰囲気しかり、応対しかり、クルマの出来しかり。TTとSQ5の頃は、遊びに行ってはキャッキャはしゃいですみませんでした。。。

で、新しいQ5は先代より洗練された優等生感更にアップで、静かでフラット、平和な車内空間を提供してくれます。ようやく安全性能もライバルに追いついたらしいこの最近のアウディは、ワンランク上の、ってのは常套句だけど格段にグレードアップ。ハンドリングもスポーツって言う感じではなく、寸分たがわず狙ったところをスムースにトレースしてくれ、動力性能はパワフルながらも欲張り過ぎない252馬力で「優れたSUV」筆頭まちがいなし。でも、これは文句なく良いモノでしょう、とは思うけど、私は買いませんよ。

だって、

image
バンパーのマフラーカッターっぽいとこは塞がってて、下から覗き込むと、マフラーエンドが控えめ〜に下むいているんですもの!

そりゃあ、先代Sに近い価格もハードル高いけど、内燃機関好きとしては、環境意識のデザインが好みではないってことでやらせて貰ってます。

一方、

image
こっちは欲しいねぇ〜。美しいだけでなく、マフラーもちゃんと出てるんだから。






にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

日本の道路で楽しいクルマ

IMG_9987
今年のルマン、ガレージで缶ビール片手にYouTubeで観戦。天井からぶら下げたモニターに釘付けになったから首が痛くなったが、磐石と思われたトヨタのほぼ全滅と、残り僅かでトップのポルシェがストップなど、目が離せない展開で、勝ったポルシェの2号車に拍手した。

去年の4月まではアウディ乗りだったから、ナショナリズムに反してトヨタよりもアウディを応援してたけれど、今年はトヨタ、ついにTS020のリベンジを果たすか?(個人的には去年のトヨタストップなんかより、1999年の敗北のほうが残念だった)と、久しぶりにトヨタを応援したのは、「プリウスはカッコ悪いといつもいっている」とTVで語った社長に心を許したからなのかもしれない。でも、最近はエクスなんとかというギラついた下品なフェイスのヴァンを高級車と自画自賛するCMにとても後悔している。高級っぽく見せて売ろうってのは勝手にしたらいいけど、自分で高級っていっちゃだめだ。アルファードの時もいってたけど。来年はやっぱりポルシェを応援しよう。

さて、えてして私は周りから外車を乗り回してる気取ったやつみたいないわれをされることが多い気がするが、別に見栄でクルマで選んだことはただの一度もなく、クルマが好きだから、乗って楽しいクルマを選んで来た結果、外車が多かっただけだし、その分支払いという重荷は背負っているから、そんなことを言われる義理は全くない。

そして今だって気になる国産車はあるし、その筆頭がロードスターだから、今回カタログをもらいがてらうっかり試乗(本当は予定していた)できたのは最近で一番楽しい時間だったかもしれない。

IMG_9989
ソウルレッドのロードスターが対向車線を走ってくるとハッとするが、実物を近くで見てもこの色とサイズ、スタイリング、バランスはさすが。かっこいい。

アバルト124スパイダーを試乗したから、インテリアとかはほとんど同じでわかっていたから、気になるのは動力性能。試乗車はオートマで、スポーツモードにしたり、マニュアルでパドルシフトを操って流れの良い公道を自由に走らせてもらった結果、よくレビューであるようなモアパワーが欲しくなるというのを実感した。

IMG_9988
信号が青になってアクセルペダルを思い切り踏み込みレッドゾーン手前まで引っ張っても、前のクルマに追いつきあたふたすることはなく、法定速度内でその加速能力を味わえる。国産車のATのレスポンスも非常にダイレクト感が増しているが、MiniだってATはアイシン製だから当たり前か。

ハンドリングはとてもよく追従し一般道でなんの憂いもない。試乗したのはSレザーパッケージ。薄すぎない16インチタイヤとノーマルサスペンション(RSのビルシュタインと比較してノーマルという意)の乗り心地は、ビルシュタインの車高調を入れたウチのミニ カントリーマンよりソフトで温和。もちろん、かといって揺さぶられる感じなどもない。もしロードスターを購入することがあれば、インチアップではなくインチダウンして15インチにムッチリしたタイヤを履かせたい。そのほうがかっこいいし、かわいい、クラシックなスポーツ。

30分くらい自由に乗らせてもらった感想としては、バランスもよくて乗りやすくイイクルマのだけれど、スポーツカーとしては温和すぎ。できればもう少しなにか不便さというか特別なものが欲しい、やっぱりこのクルマはMTで乗るもの。そして、いつものとおりマツダおなじみの引っ込んだマフラーエンドをみると、いろいろカスタマイズして楽しむのが良さそうだな、という結論に至った。いろんなパーツもでてるしね。

IMG_9995
ロードスターに試乗してあらためて感じたのは4Cの特殊さ。地面を這うように爆音を奏でて走り、アクセルペダルを深く踏み込めば、その軽さから「離陸するの?」と思うような加速で非日常を味あわせてくれる。そんなクルマで非日常感覚が麻痺している自分だから、オープンカーが欲しい時はロードスターよりもアバルト124スパイダーがいいのかもしれない。

また外車かよ!と言われてしまうかもしれないけれど、クルマの楽しさを売りにする分別のあるマツダのスポーツカーに乗るのは、もう少し自分が分別のある大人にならないといけないと思うのだ。









にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

ものすごいこと



モータースポーツというマニアックとされるスポーツだからかもしれないけど、これは数あるスポーツの日本代表がどうとかいうたくさん報道されるモノよりも、私は凄いことだと思っている。

前人未到、まさにその領域に彼は到達した。今年のアンドレッティレーシングは盤石といわれたかもしれないけど、そのクルマに乗るチャンスを得たのも彼の実力だし、同じクルマのアロンソはエンジントラブルでリタイヤ、運も呼び込むのも実力。

かつて中嶋悟がF1で最高4位に焦れ焦れとしながら、ドライビングテクニックだけなら一番と応援しはじめてから、セナがいなくなった年のヤマハエンジンで飛躍した片山右京の2位走行にもしかしてと期待を抱き、ジェンソンバトンのホンダ優勝の君が代と佐藤琢磨、史上二人目、そして三人目の可夢偉の表彰台からしばらく。日本で有名な三大レースの二つ、F1でもLe Mansでもなく、Imdy500で彼が優勝したことは、F1やLe Mansとまったく遜色がない、物凄く偉大なことだということを、もっと多くの人に知ってもらいたい。

パワーの必要なスポーツで、しかも自分と同年代のヒーローが生まれたという事実は自分にも諦めずなにかができるのではないかと励まされる。







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

シャコタンツライチは家族の安全のために

IMG_6332
どうも、ソール坊やですけど

みなさんのクルマ、車高とかフェンダーとタイヤの位置関係とか、ちゃんとしてますか?


IMG_6443
クルマの安全性にこだわるS氏は、今回ミニさんにシャコチョウを導入しました。

IMG_6504
シャコチョウは、車高調と書きまして、車高を調整できるサスペンションキットのことなんですけど、S氏が選んだビルシュタインのB14は、メーカー推奨設定で純正より3センチ〜4センチくらい車高が下がり、クルマの重心が下がってコーナリング時の安定性が増します。

IMG_6629-2
しかも、R60用B14の、ガタガタともフワンフワンとも無縁なしっかりした乗り心地は、社外品のサスペンションに躊躇する人にも自信をもっておすすめできる出来。

もちろん、みなさんのクルマも入ってますよね?シャコチョウ。


IMG_6625
一方、こちらのホイールとブレーキディスクの間に挟まっている黒いヤツはスペーサー。ウチのカントリーマンミニさんには、フロント5mm、リア12mmがベスト。これでフェンダーとタイヤの外側がほぼ同じ出っ張り具合になります。

IMG_6500
おかげでどっしりとした足回りから直進安定性も増して安全この上なし。みなさんのクルマも、シャコチョウと合わせてコレ、入ってますよね?


え!?はいってない???



IMG_6420
困るなぁ、そういう安全性への考慮の欠落!!


そもそも日本はクルマの安全っていうと、やれ自動ブレーキだの自動運転だのと言いますが、そんなのドライバーの意識次第で何の役にも立たなくなります。

自動運転を過信しすぎたら事故になる例は世界中ですでに報告済みですよね?自動ブレーキだって、100パーセントではない。ただ売れるからと重心が高く安定性が悪いクルマに自動ブレーキつけて売れに売れちゃってる箱とかもありますけど、やっぱり大事なのは基本性能でしょう。ちゃんと走ってちゃんと曲がってちゃんと停まる、これが高次元でできた上での保険が各種運転補助デバイスです。

だから、シャコチョウやスペーサーでローアンドワイドっていうのは、見た目のかっこよさ以外の効能は地味に感じるかもしれないけれど、安全上大事なことなんですヨ!


って、久々に熱くなってしまいましたが、ボクが熱くなる理由はただひとつ・・・


IMG_6620
人間が考える事を放棄するのを許容するものではなく、本質で安全と必然を考える事こそ大事。



そう、すべてはそれぞれの家族の安全のために。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

R60 車高調 ビルシュタイン B14 BSS6050J BILSTEIN 送料無料
価格:159840円(税込、送料無料) (2017/2/27時点)






にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

4Cの日本仕様、若干のアップデート

DSCF0800
発売からずっと放ったらかしにされていて、他の欧州車とちがってイヤーモデルとかそんなの関係なさそうだった4Cがついにアップデート!?、と聞いてすぐにウェブサイトをチェックすると、憧れのカーボンヘッドライトフレームが標準装備となったほか、ウチの4Cにもついている、hi-fiスピーカー(そうhi-fi感は感じない)やセキュリティのなにやら(ついてるけど詳しく調べたりしたことがないので曖昧)がセットになった従来のプレミアムパッケージも最初から付いているらしい。

そして気になるお値段は、従来より約40万円ちょっとアップの847万円。スパイダーも同金額。
若干の値下げだったスパイダーに比べ、クーペはだいぶお高くなった印象だけれど、装備を見れば若干一応お得になったということか。


DSC03319
なにはともあれ、標準装備になるくらい4Cには必要な装備となると、やはりウチもカーボン入れなきゃいけない時がくるかもしれない、ヘッドライトに。

標準装備化で、もうちょっとパーツ価格も下がるんじゃないだろうかと期待するけど、もともと台数でないクルマだし、甘い考えだろうが、避けて通れなそうな道だ。やむなし。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

 

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ