DSC01907
伊達や酔狂という言葉がありますが、大抵これを否定する形式で使われることが多く、伊達や酔狂でやってんじゃない、ってな感じで用いられる。つまりは、伊達=外見を飾って、酔狂=モノ好きなことをしてるわけじゃないという意味ですが、これが私のクルマ選びになると、伊達や酔狂でやってて何が悪い!ってなっちゃうもんだから、世の中面白いと思いませんか?思わない?

4Cというクルマは、買った後もなお好きすぎてたまらず、乗れば乗るほど好きになるほどのクルマの楽しさが凝縮されてるから、全然伊達とも酔狂とも思わないんだけれど、そろそろMiniちゃんの後継を探し始める時期になると、どうしても世間様から見る限りでは、アイツは伊達や酔狂でしかクルマを選ばない、と思われかねない選択になってしまうんだもの、仕方がない。

でもね、そもそも便利さや効率だけを求めることにつまらなさを痛烈に感じてしまう、一般的でない性格だから、それは仕方ないと自分では諦めている、というか、誇りに思っているんだから、まあ勘弁してヨ。

DSC01914
で、今回目をつけたのは、前からそのかっこよさに惚れ込んでいた、でっかいMiniの人気がない方、ペースマン。

Miniってのは、中古車を買うのはバカだと言われるくらい、ブランドが確立されていて、人気があるから新車も「ワンプライス」とかディーラーが言い切るほど(実際は多少の値引きはあると思う)値落ちしないクルマ。

そんなミニの中で異彩を放つのがペースマン。なんてったって、SUVブームも追い風に売れに売れてるでっかいMiniのクロスオーバーとは対照的に、その3ドア版のスタイリッシュなSUV、ペースマンは人気がないったりゃありゃしないから、Miniのくせに中古価格もかなりイイ塩梅だ。ルーフからリアへのラインなんか、たまらないくらいにかっこいいのに人気がないなんて、私はまだまだ世の中を知らない。

DSC01915
ワンサイズ太くして外にだしたら、踏ん張りのさらにきいて良さげなフェンダーとタイヤの関係からも、人気の無さが理解できないのだけれど、まあ、理由は3ドアだからなのだろう。イヴォークの3ドアも1グレードしか残っていないくらいだもの。

その証拠に、最近のMiniといえば、クロスオーバーを置いておくとしても、背の低い方はほとんどが5ドアだ。長く間延びしたフォルムのデザインバランスの崩壊した5ドアが人気なのは、後ろにもドアがあってたくさん乗れてたくさん積めて便利だからだろう。しかし、このドアは多ければ多い方が良いという日本の売れ線法則は、私のドアは少なければ少ない方がカッコイイ持論に真っ向勝負で反比例する。

ま、"便利"な5ドアやスライドドアを選ばなくても済んでいるのは、子供がいないからというのもあるだろうけど、2ドアや3ドアしか持たない現状があるのは、カカア殿下と空っ風な群馬男児に生まれた私なのに、それを許容してくれている妻に感謝するしかない。奥様ありがとう、でも、これからもこれは続きます、奥様よろしく。

IMG_8431
だから多数ドア信仰結構、その世間一般の売れ線のおかげで、私はまた一歩ペースマンに近づけるのだ。

IMG_8423
さて、レッドがウチのMiniちゃんに比べ、やや暗めなメタリックになっているのは残念だけれど(JCWは素敵なチリレッドアリらしい)、坊やがテレビCMの赤いMiniをみてテレビに駆け寄るから次もレッドか、とか、ブルーのメタリックに白い屋根とストライプもイイな、とか楽しめるのは3ドアの不人気の賜物だ。

DSC01922
なんていいながら、5ドアなシトローエンのミニヴァンではなくシューティングブレーク"DS5"も気になっている。あるいみ、このクルマ方がペースマンよりもドアの枚数も積載能力も高いけど、伊達で酔狂かもしれない。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ