DSCF6984
ワケあって我が家のR56ミニクーパーの代車に、F55ミニ5ドアを借りている。

クルマのドアなんか少なけりゃあ少ないほうがイイ、という、おおよそ日本の標準とは違う考えを持つ偏屈な私は、5ドアっていうだけで懐疑的になってしまったのだけれど、それしか無いっていうんだから仕方ない。食わず嫌いは良くないだろうと、貸していただいた。


DSCF6989
その間延びした不恰好を忘れれば、さすが、ミニっぽくしたまま、最近のクルマらしく進化はしている。

DSCF7002
R56ではガチャっと閉まるドアも、バムッっと締まり、4気筒NAなOneとクーパーのエンジンだったそれも、3気筒ターボでエコと常用域でのトルクを確保してるから、常用域ではストレスがない。ポロポロブルルというサウンドも、踏めば一応ウォーーンとなるから、頑張ってる感は感じ取れる。だけど、あくまでも常用域でトルクがあり、その上まで回しても何の感動も得られない。つまり、つまらない。

DSCF6998
あの初めて乗ったら笑っちゃうようなミニが立派に進化して、アウディA1とか、VWポロっぽく優等生になった。スペックよりよく走るダウンサイジングターボと、スムーズなトランスミッション、硬めな足回りはゴーカートフィーリングを維持している、つもりなのかもしれない。だけど、結果として中途半端。

DSCF7011
センターメーターのあった場所にナビは確かに便利。エアコンの温度調節がメーター周りのライトに現れるのも楽しいギミックかもしれない。でもミニらしさはギミックで出すものではなく、クルマの基本部分がもっているものだと思う。

DSCF6986
ミニらしさをイミテーションとしてユーザーの裾野を広げるのであれば、結果としてそれはMINIを買うのもBMWを買うのも変わらないし、むしろ高速域での信頼感薄いハンドリングで、ドイツ勢ライバルに負けている。中途半端にイイクルマを目指し、ミニらしさを欠いたミニは理詰めで攻めるアウディやVWに勝てるはずもない。

DSCF7017
せっかく「高級」というありふれた枠ではないブランドを持ち合わせているミニなのだから、それを大事にしない手はないと思うのだが、BMWはそこんとこどう考えているのだろうか。
最近のミニをみていると、デザインといい戦略といい、BMWのネガな部分を色濃く反映しているようにしか見えない。

単純にミニはミニであってほしいだけなのだ。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アウディへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ