DSCN4620
さほどクルマに興味の"ない"人ならば、このクルマがディーゼルだということは分からないだろう、という常套句をインプレ記事で頻繁に見ることが多いMAZDA CX-5だが、実際にこの話題の最新クリーンディーゼルを近くで、そして乗って音を聞いた限り、かつてのディーゼルに比べれば静かなものの、音の部分では紛う事無くディーゼル車だった。そもそもそのテの記事を読むなんてクルマに興味が"ある"人が殆どであるだろうから、クルマに興味の無い人ならという例えもどうなのだろうか。

最近街中で目にする機会が増え、チラシ広告やらウェブサイトで見るのとことなり、意外と実物は立派に見えるSUVをもっとじっくり見て見たいと思い、買い物途中にディーラーへ立ち寄ったのだが、うっかり試乗もさせていただくことができた。


DSCN4612
私がCX-5を実際に見て乗って確認したかったのは、

- 後席およびラゲージスペースはソールに対応しているか?
- 写真で見る限りはチープな質感漂う内装は実際いかがなのだろう?
- 4Lガソリンエンジン並のトルク!というのはどれほど?

の3つ。試乗車はXDというグレードのもの。オーディオレス。


最初のソールへの対応は後席シートも4-2-4で倒れ、クレートを縦に積んでも余裕あるラゲージスペースで問題なし。


2つめの内装の質感や雰囲気であるが、これは写真通りかなあ、というのが正直なところだ。


DSCN4614
素っ気ないほどのシンプルな造形は嫌いじゃないが、プラスチック感が目立ってしまう部分も多々。センターコンソールのシルバーメッキ部分の隣やドアのパワーウインドウスイッチ近くの縦方向のグルーブなどは存在意義がよくわからないデザインだし、パッと見シルバーで縁取られ3つ並んだメーターはスポーティだが、高級感はさほど感じられない。ダッシュボードの樹脂の質感もまあ・・・。

しかし、このクルマは200万円ちょっとからの値付けがされているクルマなのだから、それを考えれば及第点ではないだろうか。しかも、このクルマの最大の魅力は、他の国産と異なり地道に内燃機関にこだわり研究してきたマツダの技術が詰まっている点だ。一番大事なクルマを運転する楽しみを備えた200万円からのスタイリッシュなSUV、と考えれば内装の質感は納得いくのかも知れない。


ただし、欲を言うならばシートもなにもかもブラックではなくて、ロードスターのハードトップモデルで選べるタンカラーのシートなんかも選べるようになるとうれしい。それだけで、このクルマの魅力はグンとアップすると思う。


そうそう、3本スポークのステアリングホイールは手ごろな径で、デフォルトで革巻きだから、ウレタンはやっぱりなあ〜と自分で革を苦労して縫い付ける必要がないのは素敵である。


DSCN4618
そして、今回の最大の関心事とも言えるディーゼル最大の恩恵と言われるパワフルなトルクは、アクセルを踏み込んだ時に十分に「ほほう、こういうことか」体験することが出来た。


ただ、6速ATのセッティングなのか出だしからすぐにそのトルクを感じることはなく、停止から走り出しの1速ではおとなしい。むしろ拍子抜けなのだが、2速以降でモリモリとトルクが沸いて出てくるのだ。だから信号待ちや一時停止の多い街中では4L級トルクはほぼ味わう機会が無さそうだ。無理やり味わいたければそこそこアクセルをラフに踏み込む必要があるから、そうなると街中ではやや乱暴な運転になりそうだ。

つまり、買い物や駅への送り迎えなんかの日常的な足として使う分には、ハッキリ言ってディーゼルモデルでなくても良いような気がする。ガソリンモデルは乗ってないが、常識的に考えれば振動や音などはガソリン車の方が少ないだろうし、ディーゼル補助金の期間が終われば、最初に必要な投資額に差も出てくるだろうから、話題のクリーンディーゼルという言葉に流されず、納得いくまで試乗して自分のライフスタイルに合わせたモデルを選ぶのが良いかと思う。


乗り心地は日本車よりも欧州車に近いかもしれない。マツダ車は初めて乗ったので、以前からそうなのか、最近のがそうなのかわからないが、柔らかい=乗り心地が良い、硬い=スポーティーという安易な考えで作られていないというのが分かり好感が持てた。


IMG_7338
「で、ボクにこのクルマを買ってくれるんですか?」


もしソール号キューブが壊れて、CX-5にタンカラーの革シートが登場して、程度の良いディーラーのデモカーあがりの中古車が手ごろな値段で手に入るようなら考えましょうかねぇ。



IMG_73422
「ちぇっ、望み薄じゃん」


あ、そういえば、今回の試乗車はFFだったのか4WDだったのかを確認しわすれたが、この点についてはクルマに興味の"ある"私でもわからなかった。









↓ 楽しいドゥードルブログ、ガレージハウスブログがたくさん!

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ