DSCN2030
私はマイクロフォーサーズシステムを用いたいわゆるミラーレス一眼レフと呼ばれるデジカメには懐疑的である。フルサイズはもちろん、APSサイズのCMOSやCCDを持つカメラと比較するとやはり情報量は乏しく、むしろ最近の高級コンパクトカメラでも再現可能な表現力とも思えるし、コンパクトデジカメほどコンパクトでもない。なにより、一眼レフであればファインダーからレンズを通した被写体が見えるべきである。背面の液晶で見るならコンデジで結構、ビデオカメラのような電子ファインダーではいまいちアガらない。

さて、そんな感じで文句を言って見たものの、我が家には登場時につい飛びついてしまったミラーレス一眼、オリンパスPenがある。オリンパスはファームウェアの更新もおざなりにせっせと後継機を出し続け、今では一昔前のモデルとなってしまったE-P1である。今回は、こいつをおもしろい使い方ができないだろうかと検討した結果、Pen用のカノ有名なトイカメラ"HOLGA"のレンズを発見したので早速入手してみた。

DSCN2035
ホンモノのHOLGAと同じくプラスチックのチープなレンズがPENに装着された様はなかなか可愛らしくて良い。おもちゃのような、というか、おもちゃのカメラのレンズだから非常に暗い。もちろんフォーカスはマニュアルだが、チープなフォーカスリングを回してみても、オリンパスお得意のザラ付いた液晶ではなんのこっちゃよくわからないのだが、試しにガレージを撮ってみると・・・

P7160137
これは果たしてトイカメラ風の写真として良いものなのかどうか判断が非常に難しいのが撮れた。うーむ・・・。

そういえば、そもそもPenにはトイカメラ風の写真が撮れるアートフィルターが内蔵されていなかったっけ?これはそうとうウッカリしたか!?と思い出して撮ってみると、、、

P7160142
こんなかんじ。。。

いずれにしても、せっかく入手したのだから、こんどは晴れた日に海岸で撮影でもしてみようかと思う。私のウッカリかどうかを含め、現時点でこのレンズの実力を決めつけるのは早計だろう。

IMG_0107
「ボクはちゃんと撮ってくださいね」





にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ