IMG_8453
先週の事。
Amazonより我が家に新しい掃除機がやや過剰な大きさのダンボールに入って到着。

最近のダイソンよりも一回り大きい、ちょっと前のダイソンはあるものの、以前より広くなった我が家では1階と2階の行き来が面倒だったり、階段での取り回しに苦労したりしたため、ガレージ用も兼ねて安くて良さそうなスティックタイプの掃除機をさがしたところ、有名メーカーには及ばずとも安価でトンチの効いた製品を世に送り出し続けているツインバード製が目に留まったため、早速購入。
なんてったって2000円ちょっとで掃除機が変えてしまうのだから、購入に気負いがない。

IMG_8459
開封後、使用前にちょっとカスタマイズ。0.5mmのラバーを車輪の部分に一周両面テープで貼り付ける。車輪はプラスチック製で、高級品の用にバリとりもバッチリとまでいかないので、フローリングを傷つけないよう、念のためのカスタマイズだ。もちろん、こんなことをしなくてもフツウに使える。

IMG_8479
すべり止めも兼ねるので、これだけでだいぶ転がりがスムーズになる。

IMG_8476
他には網戸などに使う隙間用のモコモコした毛のテープを貼ってみる。50wと決して強力と胸を張れないパワーなだけに、ゴミの取りこぼしは少しでも抑えたいのだ。

IMG_8530
こうして独自に若干の改良を施したツインバードTC-D339SBKだが、実際使ってみるとパワーは十二分だ。まったく不満を感じる事なくゴミを吸い込んでいく。なにしろこの価格でサイクロン掃除機なのだ。

また、スティック型の掃除機は見た目に寄らず持ってみると重いものが多いが、これは軽い。1キロ台の重量だから、我が家の汚れが目立つ螺旋階段でも大活躍だ。こりゃあいい!

欠点といえば、ゴミの溜まる部分がスモークがかったプラスチック出ある為に、サイクロン方式で吸い込んだゴミがクルクル内部でまわって細かなキズをつけ曇ってしまうくらい。まあ、気にしなければ欠点にもならないか。

とにかく、2,000円という価格でこの掃除機が手に入るのは快挙である。デザインもシンプルで部屋の隅に立てかけておいても嫌な気がしない。ホースがかさばらず、簡易にクルクルと引っかけて収納する電源コードもむしろ手軽。気がついた時にサッと出して掃除が出来る。

ガンガン吸い込んでも取り回しづらければ意味がない。高級でも重ければ使いにくい。そんなスティック型掃除機の本質がよくわかったTC-D339SBKは、その吸引力と軽さと価格のバランスがとれた、スティック型掃除機のマスターピースであろう。





にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 逗子情報へ