June 2016

ハードルの高い次期ドゥードルカー選び

DSC01473-2
たとえマカンGTSと並んだって、存在感はまったく負けていない我が家のミニちゃん。

赤白にレーシーなストライプ、白いOZホイールのコーディネートが効いているのか、小学生に「かっけーー!」と声をかけられること多数、若いカップルに「あれあれ!」と指をさされ微笑まれることも多数。休日の長谷あたりを走ると4Cにも負けない注目度で少し照れくさい。実際自分でも、ウチに来てからの2年間は見飽きないし、かっこいいなあ、かわいいなあといつも思う。

さて、そんなミニちゃんがまもなく車検を迎えるにあたり、方々からお声を掛けていただくので、ミニちゃん後継車の試乗をしたりする。友人には「年中試乗してるね」といわれるけど、冷静に考えてみれば、私の趣味は数年に一度クルマを買うことといってもいいくらいなので、試乗はそのためにも必須項目である。米印付き。未入力だとエラーがでたり叱られるやつ。


DSC01476-2
我が家では主力を攻撃力たっぷりな4Cに置き換えたので、飛行機で言えば戦闘機。そうなると、ミニちゃんは支援戦闘機、または攻撃機的ポジションになるのだけれど、新型MINIのシリーズが大きく、というよりなんか長くなってしまった現在では、次もMINIという選択肢があまりない。中古で程度の良いR55クラブマン、水色のクーパーSなんかが出てきたら、実車を確認に行かなければならないと思うが、現行はない。

はて、カッコよくて、キャラが立っていて、走って楽しく、長距離が快適な(これはいまのミニちゃんには足りない部分)クルマって、なにがあるだろうか?


DSC01597
というわけで、今回の試乗はこのクルマ、BMW 320dツーリング。BMWのディーゼルってどうなの?という私の疑問に、いつものディーラーの素敵な担当さんが応えてくれた。

おいおい、ミニちゃんにくらべてだいぶキャラ要素薄いのでは?とお思いかもしれないが、何事も乗ってみなければ始まらない。


DSC01599
実際に試乗したのはセダンのMスポーツだけど、これが思ってた以上に楽しいクルマで驚いてしまった。結論からいうと、キャラ立ち以外においては、すべてハイレベルでクリアしている素晴らしいクルマだ。

40kgに及ぶトルク、試乗車はマイナーチェンジ前の30kg台だけどこれはかなり強烈で、片側2車線の国道で前のクルマを追い越すときも、キックダウン無しにやってのける。

ディーゼルエンジンだからノーズが重いのでは?と思ったが、実際には狭いプチワインディングで、前方に舞い降りたスズメを避けながら、対向車も避けなければいけないシチュエーションで、ヒラリヒラリと、おおよそディーゼルの重いエンジンがボンネットに収まってるとは思えない軽やかさで乗り切った。こんなにもスポーツしてるディーゼルだとは思わなんだ。

DSC01606
レーダーセーフティも標準装備で安全性もよし。ガラスハッチが開いたり利便性も確保されている。ディーゼルと言わなくても、とくに車外で聞くアイドリングのサウンドはディーゼルとわかるくらい主張しているけれど、走り出せばガソリン車と変わらないレベルの静寂さと振動。音と振動がここまで押さえ込まれているのはさすがだ。


DSC01601
もし、320dツーリングを買うとすれば、カラーは白、グリルとホイールをオプションのブラックにしてコントラストを高く。フロントにカーボンのリップスポイラー、リアは4本出しのマフラーなんかつけたら足りないキャラも幾分補えるだろう。

グレードはMSportsで、アルカンターラのシート。レザーシート大好きな私だけれど、BMWのM Sportsのシートはホールド感がよいから、滑らないアルカンターラシートの方が適していると考える。見た目のブルーのステッチもイイ。ミニちゃんの後継としては金額的にもだいぶアップしてしまうので、このタイミングでの乗り換えは困難だけれども、なかなかの有力候補が現れた。







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

駆け登るよろこび

DSC01391
はい、ソール坊やです


ボクはまた箱根に来ています。え?なんでかって?


DSC01395
S氏のクルマは、いまのところガレージに置いてうっとり眺めるか、箱根を駆け登りに行くくらいしか用途がないんですよ。


海岸線を走って、登って降りて、帰りは江ノ電と並走して渋滞して。。。そんなですが、


DSC01400
スパウェザーならぬ箱根の霧で、暑い季節でも涼を求められるし、

DSC01439
国産車も、


DSC01455
輸入車も、走ることを楽しんでいそうなクルマが多いし、それを眺めているだけでもS氏は嬉しそうです。


それから、4CはS氏と、S氏嫁と3人で乗っちゃったりすると相当窮屈ですけど、窮屈な分ボクは密着して甘えられるから、


DSC01389
これはこれでイイかもしれないのですヨ。



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

ひのきカレー

DSC01379
先月、セントリア王子こと、ひのきボーイ(ドゥードル)の住む中部地方のドッグランへ遊びに行った時に、ジェケ買いならぬ、パッケージ買いしてしまったオリエンタルの即席カレーで、休日のランチにカレーを作ってみた。

見るからにオーソドックスなカレーそうな印象をうけるパッケージから、具も人参にジャガイモ、玉ねぎとオーソドックスなモノを揃えてみる。想像するのは、昔のスキー場のカレーとか、なんかそういうアレだ。

そしたらどうだ、想像以上にオーソドックスなカレーが出来上がってしまったではないか。現代の工夫されたカレーに馴染んだ舌には、ウスターソースや醤油が必須のオーソドックスさ。そのまま食べるのも懐かしい味風でいいけれど、蕎麦つゆを辛めに混ぜて、カレー南蛮そばなんかにしても良さそうだ。

そしてこれはオリエンタル即席カレーについて特に重要なポイントだとおもうのだが、即席と書いてあるが即席感はあまりない。スーパーで売ってるカレールーと作り方も手間も一緒だ。きっと、この即席カレーが発売された当時は画期的な即席カレールーだったのだろう。


DSCF9351-2
「ボクはカレーは食べれませんが、中部地方のドッグランを満喫しましたヨ。特にプール!」


オリエンタル 即席カレー 95g
価格:114円(税込、送料別)





にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

モノがあっての思い出

DSCF0312
某ミニバンのCMに使われているキャッチフレーズ「モノより思い出」、こんなモノはくだらすぎて笑いが止まらない。
私のミニバン嫌いは、日本の広告代理店のすっぺらさが招くマーケティングの浅はかさが醸し出した作品たちからくるのではないかと最近は思っている。

モノに感謝して、モノが演出の一部を担ってくれる思い出に感謝すべきだ、とは言い過ぎに聞こえるかもしれないが、モノを売るためにモノを家族の幸せの立役者だと売り込み、便利さだけにフィーチャーして、大義名分のために買わせようとするのはうすっぺらすぎる。たくさん乗れてたくさん積めるだけが幸せだと、技術をウリにするクルマの会社が宣伝しちゃったらそりゃあ笑いが止まらない。ヒトのキモチがモノより大事ってこと自体には反対するワケじゃあないが、あまりにも浅はかだ。

トップの写真は私の愛用するコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)、SONYのRX100だ。当時のコンパクトデジカメとしては異例の1インチという大型CMOSを採用して、広角側でF1.8という明るいレンズを備え、それまでとっかえひっかえコンパクトデジタルカメラを買い換えていた私の浪費にストップをかけた(この分野だけに関して)。

レンズが明るいとか、でっかいCMOSとか、カメラマニアじゃなきゃよさがわからない、といわれるかもしれないが、明るいレンズ=暗いところでもよく映るということだ。カメラに興味がない人には、はぁ?なはなしかもしれないが、アイフォーンのカメラなんか、このあたりをうまく突いて、カメラの仕組みなんか興味ない人でもうまーくきれーに撮れるよう、よく映るようにチューニングしている。特に気にせず屋内でもどこでもパシャっと撮って写るのは、デジタルな補正ももちろんだけど、もともと明るいレンズが貢献しているはずだ。それを知られずにやるんだから、アップルはユーザーを激しく甘やかしている。

そこいくと、RX100はギミック無しに、明るいレンズと大きな素子(より多くの情報を一度に受け止められる)を採用し、簡単に撮れるというよりも、従来(当時)のコンデジの撮れる幅を、グンと広くしたカメラ。4万円を切る実勢価格という、よく巷で重宝されるコストパフォーマンスの高さを誇るカメラだと思うのだが、タッチパネルやXX倍ズームなんていう便利そうな機能を持つカメラのほうが重宝される傾向にある。

実際、デジカメ新調しようと思ってんだ、っていうヒトにRX100シリーズをすすめても、いまいち買ってもらえないのはいつものことだ。私のプレゼン力が未熟だったと言えば、グーということすらできないのだけれども、便利、簡単、家族、絆、煌めき(これは余分か)がもてはやされる昨今では、なかなかの玄人好みのパフォーマンスの高さを説明するのには、RXが真面目なカメラである分、disアドバンテージだ。子供を撮るから望遠でブレずに撮れるのがいい、ってことになると、倍率の高いズームレンズを搭載し、その分やや暗くなったレンズをカバーするために感度を上げてってなるんだとおもうが、そうじゃなくて、明るいレンズでシャッタースピードを上げてブレをなくし、望遠が無い分は被写体の近くまで自分が移動しろ!というのは受け入れられにくい。動かなくていいほうがラクだし、便利簡単なほうが購買においては得したと感じるほうが一般的なんだろう。

でも、ラクになにかができるだけのモノは、そのモノ自体の存在感は薄らぎ、使い捨ての道具にしかならない。昔撮った写真を見返す時に、その被写体の様だけを思い出に語るんじゃなくて、撮った道具の話もできた方が、得してるんじゃないかなと考える。

家族と休日の買い物に出かけるにしても、「便利」で煌めいているクルマをショッピングセンターの店内入口付近の駐車スペースを探し停め慌ただしく買い物するよりも、駐車場の端っこ、広いスペースにとめて入り口まで歩く間に何度か振り返り、ああ、ウチのクルマはかっこいいな、このアングルがいいな、せっかくだから、RX100で何枚か撮っておこうとやる時間が持てる方が得をしているんじゃないだろうか。

つまりは売りたいクセに、家族だとか絆だとか、そういうもののほうが大事とのたまい、それを盾にしてカメラやクルマを売りたい姿勢が見え見えだと、うすっぺらすぎるってことなんだ。

そして、結局クルマの話になるのはいつものことなんだ。







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

フィフティフィフティ

TFFU0852
あなたは性格診断というか、タイプ診断というか、そういうのやったことあるだろうか.

私は以前転職するときにやってみたのだけれど、アドバイザーいわく、長年やってきてこんな人初めてだと言われるくらい特殊な「タイプ」だった、らしい。

私の「タイプ」は、半分がサポートする「サポーター」タイプ。
これはよくある自分から先頭に立ってリードしていくというより、縁の下の力持ちタイプ。

そして半分は芸術家タイプ。
良く言えば、自由な発想でのびのびと独創的な考えをする人。悪く言えばちょっと変わった人だろうか。

それらがモノの見事に半々で結果となったものだからベテランアドバイザーも驚いたそうな。

しかし、私としてはこの結果、大いに嬉しく、誇らしく思っている。
しゃしゃりでずにサポートするというのは、誰かの役に立ち、かといってそれを自慢せずというのは我家系の精神に則っているし、日本人の美徳にも従っている。

一方で、独創的な考えを持ち、芸術的な独自の感覚を持ち合わせているというのは、あらゆるモノにこだわる自分としては持っていて当たり前のアビリティであり、誇らしく思う。


ただ、


半々では中途半端なのだ。


サポーターならサポーター100%のほうが力を発揮できるし、芸術家タイプが100%ならばクリエイティブな能力を遺憾なく発揮しているだろうものを、50%だと、クリエイティブなんて表現をつかうことがあつかましく思えてしまう。


だから、将来、この、誰かの手助けを、ややクリエイティブな発想でやっていく、という私に合っていそうな生業ができることをいまの糧としよう。






にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

記事カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード


wwf_LPO
S氏またはエルピーオ
海の近くでお気楽ガレージホビーライフ。

Thanks for Your Visit!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
東北関東大震災義援金

ペットのおうち



オススメリンク
ドッグスクールKokoro
ソールもお世話になっているトレーナーさん

江ノ島アロハライフ
湘南暮らしのバイブル

新・江ノ島★アロハライフ
アロハなラブラドゥードル、レイくん大活躍?!

DarkMicky Black Diary
逗子出身Mっきーさんが綴る日常

中量ハマラック4段
贅沢三昧ISIくん

Goldendoodle Lino&Linobaのつぶやき日記
坊やの優しい先輩Linoお姉さんのブログ

べにたんのゆるゆる日記
ソールの兄妹、四国の紅ちゃん

my dog my life
けっこうやんちゃ?ドゥードルジュノさん

☆ところんベース☆
ところんさんちのショコバニ姉妹

るうのるんるん日記♪
さすがイッカク族の後輩!

震災および原発事故により被災した動物たちの救護にご支援を!

  • ライブドアブログ